川越のおすすめパン屋さん第2弾!美味しい人気のパン屋さん特集♪

川越のおすすめパン屋さん

今回は、埼玉県の川越市エリアにあるパン屋さんをご紹介します。

川越エリアのパン屋さんは、行列の出来るお店やイートイン可能のお店など、特色さまざまのお店がたくさんあります。

人気の美味しいパン屋さんをまとめたので、川越観光の際はぜひ参考にしてみてくださいね。

※掲載内容は執筆当時のものです。最新情報は事前にご確認ください。

川越駅から行けるおすすめパン屋さん

川越駅

まずは、川越駅からアクセスしやすいパン屋さんを紹介します。

川越ベーカリー 楽楽

「川越ベーカリー 楽楽」は、元町にあるパン屋さんです。

パンには国産の小麦を使用し、天然酵母と無添加で安心安全かつまろやかな美味しさを生み出しています。パンに使用する小麦の日本での自給率は、わずか1%。

そのような希少さのある小麦を大切に使用し、国産ならではの旨味を実現しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

charly(@hiroyukikashiwagi)がシェアした投稿

カレーパンのカレーから、カスタード入りパンのカスタードまで、多くの材料を一から作る徹底的なこだわりが自慢です。

売り出した後の商品たちも小さな改良を日々重ね、よりおいしく生まれ変わることを目指し続けます。お客さんの健康を考えた、安全で体に優しいパンが揃っていますよ。

有名なお味噌のパンとプレミアム食パン

「川越ベーカリー 楽楽」の売りは、なんと言っても「お味噌のパン」「プレミアム食パン」です。

「お味噌のパン」は、北海道産の小麦と餅粉を混ぜ合わせ、地元埼玉の秩父味噌で練り上げた品のあるパンです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

chu(@chu_ta1379)がシェアした投稿


パンの上には味噌風味のクッキー生地も添えられ、温かくてほっこりと優しい味わいに仕上がっています。「プレミアム食パン」はトーストしなくてもそのまま食べられる優しい食感が人気です。

北海道産の小麦粉「キタノカオリ」を贅沢に使用し、18時間という長い時間をかけて発酵したパン生地が美味しさの秘密です。

あまりにも人気で増産体制を組み直したものの、いまだ完売が続いているという超人気商品。「食パン回数券」を利用し、予約して購入することをおすすめします。

料金例

<プレミアム食パン> 340円
<お味噌のパン> 210円

イートイン可能

川越ベーカリー 楽楽の詳細はこちら

●所在地
〒350-0062
埼玉県川越市元町2-10-13(菓子屋横丁)
●アクセス
<電車>
「本川越駅」から徒歩約15分
<電車・バス>
「川越駅」からバス乗車 「札の辻」下車後徒歩2分
●営業時間
<平日>8:00~17:00
<土日祝>7:30~17:00
(大量生産できないため、売切れ次第閉店) 
●定休日
年末年始・社員研修(6月)・夏休み(9月)・そのほか不定休
●電話番号
049-257-7200 
●公式HP
川越ベーカリー 楽楽

サンドイッチパーラー楽楽

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makana(@knm.mk)がシェアした投稿

「サンドイッチパーラー楽楽」は、元町にあるパン屋さんです。

現代的なおしゃれさを感じさせる店舗で、ボリューミーなサンドイッチなど数々の商品を販売しています。イートインスペースや開放感のある屋上テラスも用意されており、その場ですぐに味わうことが可能です。

サンドイッチは柔らかくも分厚く、食べ応えのある一品に仕上がっていますよ。

サンドイッチからプリンまで、豊富な種類のメニューが魅力のひとつ。

ちょっと小腹がすいたとき、美味しいスイーツが食べたいとき、いつでも足を運んでみてくださいね。

料金例

<オーガニックコーヒーグアテマラ> 420円
<ジューシーローストビーフ> 460円

※イートイン可能

サンドイッチパーラー楽楽の詳細はこちら

●所在地
〒350-0062
埼玉県川越市元町2-7
●アクセス
<電車>
「本川越駅」から1,164m
●営業時間
7:30~17:00
●定休日
なし(不定休)
●電話番号
049-236-3582
●参考HP
サンドイッチパーラー楽楽

善太郎

「善太郎」の売りは、大人気商品「ふんわり三兄弟」です。

古き良き風情を感じさせるちぎりパンで、その名の通りふわふわとした繊細な柔らかさが特徴のメニューとなっています。

ソフトながらも弾力があり、噛み応えのある味わいが魅力です。甘さと塩味が絶妙なバランスとなっており、最後まで美味しく味わえるパンです。

満足感のある大きさとなっているため、小腹が空いたときに食べたい一品ですね。

料金例

<食パン> 400円
<ハニーフィグ> 180円
<メロンパン> 160円

※イートイン不可

善太郎の詳細はこちら

●所在地
〒350-0056
埼玉県川越市松江町1-10-7
●アクセス
<電車>
西武新宿線「本川越駅」から徒歩9分
●営業時間
11:00~19:00
●定休日
月・火・日
●電話番号
049-222-0683
●参考HP
善太郎 – 本川越/パン

サンロール

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuki(@sirokumayuki)がシェアした投稿

「サンロール」は、新宿町にあるパン屋さんです。

しっとりとした食感が味わえるフレンチカスタードは、甘さ控えめで大人にも人気のメニューです。そのほかもっちりとした食感が特徴的な焼きそばパン、定番の美味しさが味わえるサンドイッチなど、どこか懐かしいパンたちが販売されています。

小さめの店内も、街のパン屋さん独特の温かい雰囲気に包まれています。

料金例

<フレンチカスタード> 140円
<安納芋の焼き芋パン> 162円

※イートイン不可

サンロールの詳細はこちら

●所在地
〒350-1124
埼玉県川越市新宿町6丁目25-49
●アクセス
<電車>
「川越駅」から1,395m
●営業時間
9:00~19:00
●定休日

●電話番号
049-246-0250
●参考HP
サンロール – 川越/パン

VANITOY BAGEL (バニトイベーグル)川越店

「VANITOY BAGEL (バニトイベーグル)川越店」は、南通町にあるパン屋さんです。

ベーグルからお店まで、フォトジェニックな雰囲気が漂うお店です。非常にさまざまなベーグルが味わえるのも人気の秘密となっています。

行列のできるパン屋さん

「VANITOY BAGEL (バニトイベーグル)」におけるベーグルの種類豊富さは、ショーケースを眺めるだけでも楽しいほど。

カラフルで見た目もおしゃれなメニューがたくさん揃っていますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ばえびかり(@baee_een)がシェアした投稿

ピンクの差し色がかわいいさくらベーグルなど、シーズン限定のベーグルも見所です。

夏限定の濃厚なラッシーのように、パンと合わせていただきたいサイドメニューも充実していますよ。どのベーグルももっちりとした食感で、一度食べたらやみつきになる弾力です。

「種類が多すぎて選べない」という方には、お楽しみ袋がおすすめです。

こちらは紙袋の中に3点の商品が入っており、500円で購入することができます。お得に味わいたい方にはうってつけの商品ですね。

料金例

<ブルーベリーベーグル>210円
<サンドライトマト&バジルベーグル>190円
<チョコ&チョコ>210円

※イートイン可能(ベンチのみ)

VANITOY BAGEL (バニトイベーグル)川越店の詳細はこちら

●所在地
〒350-0045
埼玉県川越市南通町15-1
●アクセス
<電車>
東武東上線「川越駅」から徒歩5分
西武鉄道新宿線「本川越駅」から徒歩10分
●営業時間
10:00~20:00
●定休日

●電話番号
049-223-6550
●公式Facebook
VANITOY BAGEL (バニトイベーグル)川越店(公式Facebook)

VANITOY BAGEL (バニトイベーグル)蔵づくり本店

「VANITOY BAGEL (バニトイベーグル)蔵づくり本店」は、幸町にあるパン屋さんです。

「プレーン」では、北海道で作られた小麦「春よ恋」の優しい香りや甘み、もっちりとした食感が味わえます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroko(@roco.kky)がシェアした投稿

ほかにも3種のハーブをブレンドしたベーグル「ハーブブレンド」、ローストクルミとこしあんの優しい甘さが特徴の和風スイーツ「こしあんくるみ」など、ベーグルの種類は非常に豊富です。

「ほうれん草とベーコンチーズ」「九条ネギみそチーズ」など、ご飯としていただいても美味しい食事系ベーグルも充実しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヤマオカのご飯(@gohan_mgmg7)がシェアした投稿

店内はカフェとなっており、タコライスや自家製のハッシュドビーフといったごはんも楽しむことができます。

朝昼夜によってメニューが変化するため、いつ行っても楽しめるのが魅力ですね。

料金例

<プレーン> 170円
<ほうれん草とベーコンチーズ> 280円
<九条ネギみそチーズ> 280円
<自家製ハッシュドビーフ> 980円
<レタスたっぷりタコライス> 980円

※イートイン可能

VANITOY BAGEL (バニトイベーグル)蔵づくり本店の詳細はこちら

●所在地
〒350-0063
埼玉県川越市幸町10-3 
●アクセス
<電車・バス>
JR川越線・東武東上線「川越駅」からバス乗車 「一番街」または「札の辻」にて下車
<電車>
JR川越線・東武東上線「川越駅」から徒歩25分
●営業時間
<木〜月>10:00〜18:00
<火曜>10:00〜17:00
●定休日

●電話番号
049-222-0767
●公式HP
VANITOY BAGEL 【蔵づくり本店&若葉店】

glin coffee(グリンコーヒー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@ri_ru03)がシェアした投稿

「glin coffee(グリンコーヒー)」は、元町にあるパン屋さんです。

コッペパンとパーズンを一緒に味わえるお店です。パーズンとは、「glin coffee(グリンコーヒー)」が独自に編み出したオリジナルのフローズンドリンク。

なめらかな口当たりと甘すぎない味わいは、子供から大人まで人気の品です。

可愛いコッペパンと一番人気の龜屋あんバターホイップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hatoandtoriがシェアした投稿

「glin coffee(グリンコーヒー)」の売りといえば、かわいらしいフォルムが特徴のコッペパンです。

中でも一番人気は、龜屋あんバターホイップ。中のあんは、老舗である龜屋がこだわり抜いて作ったものです。

贅沢な味わいのコッペパンを、ぜひご賞味ください。

甘味系以外にも、「ナポリタン」「ツナポテトサラダ」のようにご飯やサラダ感覚で食べられるコッペパンも充実しています。

料金例

<キャラメルナッツパーズン(Ice) Short> 590円
<亀屋あんバターホイップ> 330円
<ナポリタン> 300円
<ツナポテトサラダ>340円

※イートイン可能

glin coffee(グリンコーヒー)の詳細はこちら

●所在地
〒350-0062
埼玉県川越市元町1-1-20
●アクセス
<電車>本川越駅から1,222m
●営業時間
<通常>8:00~18:00
<夏季>8:00~20:00
●定休日
なし(不定休)
●電話番号
049-298-7006
●公式HP
川越市で人気のスペシャリティーコーヒーショップ | glincoffee

ハンドメイドベーカリー ニコリ

「ハンドメイドベーカリー ニコリ」は、仙波町にあるパン屋さんです。

にっこりと微笑むマークがトレードマークのお店です。ロゴからパンのパッケージまで、かわいい笑顔で溢れていますね。

2種類のチーズ「グリュエールチーズ」「マリボーチーズ」をライ麦パンで包み込んだ贅沢な「グリマリトマト」、よもぎが練りこまれたザクザク食感の「よもぎかのこ」など、オリジナリティあふれる素朴で美味しいメニューが盛りだくさんです。

ラム酒に浸したサヤキレーズンが香る「大人のラムレーズンサンド」など、大人向けのパンも充実していますよ。

料金例

<メロンパン> 162円
<ヘーゼルナッツチョコ> 238円

※イートイン可能

ハンドメイドベーカリー ニコリの詳細はこちら

●所在地
〒350-0034
埼玉県川越市仙波町3丁目8-5
●アクセス
<電車・バス>
「川越駅」より西武バス「グリーンパーク行き」乗車 「小仙波四丁目」にて下車
●営業時間
10:00~18:30
●定休日
日・月・隔週の火
●電話番号
049-226-2580
●公式Instagram
ハンドメイドベーカリー(公式Instagram)

BREADMAN(ブレッドマン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉岡 博司(@hyoshi0113)がシェアした投稿

「BREADMAN(ブレッドマン)」は、東田町にあるパン屋さんです。

シックな看板が飾られたお店は、外から中まで良い雰囲気が漂っていますね。

明太の塩辛さを餅の旨味でバランスよく仕上げた「めんたいもちチーズ」、大きくてボリューム満点な「ベーコンエビ」など、個性的で美味しいパンが揃っています。

人気の美味しいパン屋さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

suzu(@nyangle299)がシェアした投稿

旅行雑誌「オズマガジントリップ」に掲載されるなど、非常に好評なお店です。

どこか懐かしさを感じさせる、こじんまりとした店内も魅力のひとつ。どのメニューも手作り感があって美味しく、地元の方からも愛される店舗となっています。

料金例

<めんたいもちチーズ> 240円
<ベーコンエピ> 240円

※イートイン不可

BREADMAN(ブレッドマン)の詳細はこちら

●所在地
〒350-1114
埼玉県川越市東田町16-1 1F
●アクセス
<電車>
「川越市駅」から徒歩6分
●営業時間
10:30~17:00
●定休日
日・月・祝日
●電話番号
049-247-3100
●公式Facebook
BREADMAN(公式Facebook)

川越エリア おすすめのパン屋さん/ 新河岸

パン屋イメージ

続いては、川越の新河岸駅付近にあるおすすめのパン屋さんをご紹介します。

Boulanger Lunettes(ブーランジェ リュネット)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Boulanger Lunettes(@boulanger_lunettes)がシェアした投稿

「Boulanger Lunettes(ブーランジェ リュネット)」は、砂新田にあるパン屋さんです。

おしゃれな外観のお店。懐かしさを感じさせる優しい美味しさはなまんてん100バゲット、甘くてほんのり酸っぱいしましまフランボワーズクロワッサンなど、数々のおしゃれなメニューが揃っています。

雰囲気のある店内も魅力のひとつとなっています。

料金例

<しましまフランボワーズクロワッサン> 260円
<はなまんてん100バゲット小> 260円

※イートイン不可

Boulanger Lunettes(ブーランジェ リュネット)の詳細はこちら

●所在地
〒350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-11
●アクセス
<電車>
「新河岸駅」より徒歩13分
●営業時間
9:00〜18:00
●定休日
月・火
●電話番号
049-292-9653
●公式HP
Boulanger Lunettes

ベーカリー クレープ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ken Noguchi(@kenkurepu0826)がシェアした投稿

「ベーカリー クレープ」は、大字砂にあるパン屋さんです。

小さめの店内にパンが隙間なく並べられた、どこか懐かしいお店。ボリュームのあるカツが2切れ挟まった、重みのある「黒豚カツカレーチーズ」はお腹を満たすのに最適です。

いちごの果汁が練りこまれた「いちごのパンドミ」は、一般的な菓子パンではなかなか味わえない甘酸っぱさが口の中に広がります。

料金例

<クリームパン> 150円
<黒豚カツカレーチーズ> 280円
いちごのパンドミ> 600円

※イートイン不可

ベーカリー クレープの詳細はこちら

●所在地
〒350-1137
埼玉県川越市砂新田85-35
●アクセス
<電車>
東武東上線「新河岸駅」より徒歩3分
●営業時間
<月〜土>6:00〜20:00
●定休日

●電話番号
049-244-7045
●参考HP
クレープ – 新河岸/パン

川越エリア おすすめのパン屋さん

川越

続いては、川越エリアでおすすめのパン屋さんをご紹介していきます。

NANTSUKA BAKERY(ナンツカベーカリー)

「NANTSUKA BAKERY(ナンツカベーカリー)」は、南台にあるパン屋さんです。

「NANTSUKA BAKERY(ナンツカベーカリー)」の大人気メニューといえば、「NANTSUKA食パン」です。もっちりとした食感と優しい甘みが特徴の一品です。トーストして食べるのはもちろん、そのまま食べても美味しくいただけます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NANTSUKA BAKERY(@nantsuka_bakery)がシェアした投稿

焼かずに食べても焼いて食べても、カリッとした食感の中にあるもちもち感が味わえます。

2日という時間をかけて丁寧に仕上げた食パンは、川越パンマルシェグランプリを受賞した実績もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NANTSUKA BAKERY(@nantsuka_bakery)がシェアした投稿

人気第2位は、「とろけるクリームぱん」です。

一般的なクリームパンはクリームがこぼれ出してしまい、食べにくいこともありますよね。それを防ぐため、こちらのクリームパンはキュートなカップ型になっています。

見た目のかわいさと食べやすさにもこだわったメニューです。

もちろん味も絶品。丁寧に手作りした繊細なカスタードの味わいは、甘すぎない抜群の美味しさです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NANTSUKA BAKERY(@nantsuka_bakery)がシェアした投稿

しらすチーズは、「NANTSUKA BAKERY(ナンツカベーカリー)」の人気第3位の商品です。

チャバタと呼ばれるイタリアの生地は、シンプルながらももっちりとしたやみつきの食感が味わえます。そこにしらすとチーズをふんだんに乗せ、小腹を満たすのに最適な一品に仕上がっていますよ。

老若男女問わず人気の商品です。

そのほか見た目のインパクト抜群な「ジャーマンポテト」、甘さと後味の良さが両立する「練乳フランス」など、惣菜パンから菓子パンまで美味しい定番メニューが盛りだくさんです。

料金例

NANTSUKA食パン1斤> 280円
<とろけるクリームぱん> 180円
<しらすチーズ> 180円

イートイン不可

NANTSUKA BAKERY(ナンツカベーカリー)の詳細はこちら

●所在地
〒350-1165
埼玉県川越市南台2丁目2-1
●アクセス
<電車>
西武新宿線「南大塚駅(北口)」から徒歩1分
●営業時間
<平日>10:00〜19:00
<土曜>10:00〜17:00
●定休日

●電話番号
049-215-7850
●公式HP
ナンツカベーカリー

パンのかほり

「パンのかほり」は、下老袋にあるパン屋さんです。

厳選した素材を使用し、すべての具材を丁寧に手作りしているお店です。バニラビーンズを混ぜ込んだカスタードクリームやマヨネーズソースなど、ひとつひとつお店で作り上げた優しい味わいが特徴となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みいこ(@fukukai25)がシェアした投稿

チョコレートはフランス産、塩はおなじみ「伯方の塩」を使用するなど、素材それぞれがこだわり抜かれているのも美味しさの秘密です。

牛乳やバター、はちみつをたっぷりと使用した柔らかい「パンのかほり食パン」や手作りの具材が味わい深い「カレーパン」など、多岐にわたるメニューが揃っています。

ギフト包装も無料で行われているため、お土産にも最適ですね。

料金例

<ツイストドーナツ> 100円
<ベーコンエピ> 200円
<小江戸カレーパン> 150円

※イートイン不可

パンのかほりの詳細はこちら

●所在地
〒350-0848 埼玉県川越市下老袋102-2
●アクセス
<車>
国道16号線「古谷上」交差点から5分
JR埼京線「南古谷駅」から10分
●営業時間
10:00~18:00
●定休日
日・水・祝祭日
●電話番号
049-223-2179
●公式HP
パンのかほり

川越市の人気のパン屋さんへ行こう

今回は、埼玉県の川越市にある人気のパン屋さんをまとめました。

人気の有名店や温かい雰囲気の街のパン屋さんなど、川越エリアはパン屋さんの激戦区です。それぞれのこだわりもあり、お店の自慢のパンをぜひ堪能しに行ってみてはいかがでしょうか。

パン屋
マカロン
川越市
グルメイメージ
蕎麦打ちイメージ
川越
ABOUT USこの記事を書いた人