埼玉県の植物園5選!温室や希少な草花を見に行こう!

植物園

草花のハイシーズン、春がやってきます!

今回は、埼玉県内にある、さまざまな植栽や花を鑑賞できる植物園をまとめました。珍しい熱帯植物を間近で見られる温室の情報もございます。お出かけのプラン作りに、ぜひお読みください。

※掲載内容は執筆当時のものです。最新情報は事前にご確認ください。

【埼玉県の植物園】まるで別世界⁈温室あり

【さいたま市園芸植物園】さいたま市緑区

植物園

さいたま市園芸植物園は、さいたま市の南東部に位置し川口市と隣接する「緑区」にあります。「花木園」「花き展示温室」「企画展示の紹介コーナー」といった複数のエリアがあります。

植物園

「花木園」では、フジやドウダン、ライラックといった樹木に加え、サクラソウ、スイセン、シュンランといった季節の草花を堪能できます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

かずえ(@kazueshan)がシェアした投稿

大・中・小の温室がある「花き展示温室」では、熱帯地方の植物が育てられており、ヤシ、カカオ、パパイヤといった高温多湿の環境で育つ熱帯果樹を間近で見られます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あこちゃん(@akochan1113)がシェアした投稿

12月~3月あたりまでエレガントな「蘭」を鑑賞できる洋ラン温室も見逃せません。

「さいたま市近隣で南国の植物を鑑賞したい」「熱帯の植物を見て旅行気分を味わいたい」という方におすすめです。

さいたま市園芸植物園の詳細はこちら

●所在地
〒336-0974
埼玉県さいたま市緑区大崎3156-1
●アクセス
JR「浦和駅」から国際興業バスで、尾間木・浅間下経由の大崎園芸植物園行き・東川口駅北口行き・浦和美園駅行き乗車「大崎園芸植物園」バス停下車、徒歩5分
●営業時間
9:00~16:00
※花き展示温室は10:00~16:00
●定休日
月曜日(祝祭日はその翌日)
12月29日から1月3日まで
●電話番号
048-878-2026(さいたま市役所経済局)
●参考HP
さいたま市/さいたま市園芸植物園

【川口市立グリーンセンター】川口市

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tanabatasan0707がシェアした投稿

川口市立グリーンセンターは、埼玉県南部に位置し、東京都と隣接する川口市にある大規模な植物園です。

15.8ヘクタールの面積を誇る園内には樹木や季節の草花が多数栽培されているほか、「緑のアトリエ」「水生温室」「鑑賞温室」「大温室」といった設備で熱帯・亜熱帯の珍しい植物も育てられています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kei(@komachikei)がシェアした投稿

春は、桜や梅に加え、クリスマスローズ、クロッカス、ミズバショウなどが咲き誇ります。夏には、バラ、キョウチクトウ、アナベル、ラベンダーなどが見ごろです。

秋にはヒガンバナ、キンモクセイ、ハマギクなどが、冬にはサザンカ、マンゲツロウバイといった花が開花します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomomi.t(@radish.nrst2014)がシェアした投稿

温室では、ブーゲンビリア、カトレア、カリアンドラ・ハエマトケファラ アルバ、ストレリチアユンケアなどの南国でしか見られない、魅惑的でビビッドな花を咲かせる熱帯植物が多数栽培されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

関根 将信(@masanobu_sekine)がシェアした投稿

さらに、クジャクなどがいる「バードセンター」や、大型すべり台「スイショウバルーン」「展望スベリ台」、親子で楽しめる「ミニ鉄道」といった、小さなお子様連れが一年中楽しめるプレイスポットもあります。

観葉植物やサボテンなどの鉢植えを販売するショップで、お土産も購入できるところもいいですね。

花好きな人はお出かけ前に、川口市グリーンセンター公式サイト内の園内の花ごよみで、開花情報をチェックしてみてはいかがでしょう。

料金表

●一般
大人310円 / 高校生100円(学生証提示)/ こども(4才~中学生)100円
●団体
大人230円 / こども(4才~中学生)70円
●年間入場券
1,070円
※3歳以下の幼児、川口市内在住で68歳以上の方(証書類提示)、障害をお持ちの方(手帳提示)は無料
※ミニ鉄道は別途、乗車料1回220円、3枚綴り530円

川口市立グリーンセンターの詳細はこちら

●所在地
〒333-0826
埼玉県川口市新井宿700
●アクセス
<電車>
・埼玉高速鉄道「新井宿駅」より徒歩10分
・JR京浜東北線「川口駅」より「東川口駅南口行き」「戸塚安行駅行き」バスで25分、「グリーンセンター」バス停で下車
・JR武蔵野線「東川口駅」より「川口駅東口行き」バスで25分、「グリーンセンター」バス停で下車
●営業時間
9:00~17:00(入園は16:00まで)
●定休日
火曜日(祝日のときは翌日休園)
12月25日~1月4日(1月3日は、新年特別開園で入場料無料)
※この他に臨時休園する場合があります。
●電話番号
048-281-2319
●公式HP
川口グリーンセンター

【智光山(ちこうざん)公園 都市緑化植物園】狭山市

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yurika Reynolds🇯🇵(@yurikagusti)がシェアした投稿

智光山公園 都市緑化植物園は、埼玉県の南西部に位置する狭山市にある「智光山公園」にある植物園です。

「バラ園・洋風庭木見本園」「薬草園」「花木園」「和風庭木見本園」「大花壇」「早春の小道」「アジサイ園」といったエリアで、四季の植物を楽しめます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

be-beyukiechoco(@yukichoco03312017)がシェアした投稿

「バラ園・洋風庭木見本園」では、なんと80品種700株ものバラが植栽されています。

春バラは5月中旬~ 6月下旬、秋バラは10月中旬~11月上旬が見ごろです。「薬草園」では、漢方の原料や西洋ハーブなどが栽培されています。

アロマテラピーやフラワーエッセンスなどの民間療法に興味を持つ方は見逃せません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

まいまり(@maimari3739)がシェアした投稿

「和風庭木見本園」には、マツ、モミジ、ツバキといった庭園に使われる樹木が、「アジサイ園」は、約500株のガクアジサイ、カシワバアジサイが育てられています。

総面積5.5ヘクタールという敷地内の植栽に関して情報を発信する「緑の相談所」で園芸など植物に関する相談ができる点もポイントです。

これからの季節、「早春の小道」を散歩して路傍のウメ、スイセン、フクジュソウを楽しんでみてはいかがでしょうか。

智光山公園 都市緑化植物園の詳細はこちら

●所在地
〒350-1335
埼玉県狭山市柏原622
●アクセス
西武新宿線「狭山市駅」下車、西武バス「智光山公園行」終点で下車
●営業時間
9:00~17:00
●定休日
12月31日、1月1日
●電話番号
04-2952-6131
●公式HP
智光山公園 都市緑化植物園

【埼玉県の植物園】1日満喫したい方におすすめ!広大なエリアが魅力

【国営武蔵丘陵森林公園 都市緑化植物園】滑川町

国営武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園 都市緑化植物園は、埼玉県の中部に位置する滑川町にある通称「森林公園」の中にある植物園です。

中には「ハーブガーデン」「ボーダー花壇」「カエデ園」「やまゆりの小径」などのエリアがあります。

約2,500㎡の「ハーブガーデン」では、各種ハーブやオールドローズが育てられています。

植物園の売店では東松山産のいちごをまるごと使用した贅沢なソフトクリームも販売しているので、ぜひ召し上がってみるのはいかがでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@rumi1043がシェアした投稿

その他、四季折々の花を楽しめる「ボーダー花壇」、約20種、500本のカエデが植栽された「カエデ園」、約3,000株のヤマユリが満開となる「やまゆりの小径」など、圧巻と言えるボリュームで満開の花々を鑑賞できます。

レンタサイクル(別料金)で楽しめる、全長約17kmのサイクリングコースもあります。

電動アシスト自転車や子乗せ自転車、子ども用自転車などが借りられるので、ご家族で、豊かな自然の中、サイクリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

料金表

●一般
大人(高校生以上)450円 /(2日間通し券)500円 / 中学生以下無料
●団体
大人(高校生以上)290円 /(2日間通し券)350円 / 中学生以下無料
●シルバー
大人(65歳以上)210円 /(2日間通し券)250円 / 中学生以下無料

レンタサイクル料金表

●基本料金(3時間)
大人(高校生以上)420円 / 小人270円 / 電動アシスト840円
●超過料金(30分ごと)
大人(高校生以上)70円 / 小人30円 / 電動アシスト140円
●1日券(繁忙シーズン以外)
大人(高校生以上)530円 / 小人320円 / 電動アシスト1,060円

国営武蔵丘陵森林公園 都市緑化植物園の詳細はこちら

●所在地
〒355-0802
埼玉県比企郡滑川町山田1920
●アクセス
<車>
関越自動車道「東松山IC」から熊谷方面へ約10分
<電車>
東武東上線「森林公園駅」から「熊谷駅南口行」「立正大学行」バスに乗車、「滑川中学校」バス停から徒歩約5分
※土・日・祝は直通バス有
●営業時間
<3月~10月>9:30~17:00
<11月>9:30~16:30
<12月~2月>9:30~16:00
●休園日
年末年始(12月31日、1月1日)
1月の第3、第4月曜日
●電話番号
048-645-6087
●公式HP
国営武蔵丘陵森林公園 | 全国で初めての国営公園

【埼玉県の植物園】天然記念物、野鳥や昆虫観察も

【越谷アリタキ植物園】越谷市

 

この投稿をInstagramで見る

 

kshibao(@shiba7500)がシェアした投稿

越谷アリタキ植物園は、埼玉県の南西に位置する越谷市にあります。越谷市出身の植物学者、故・有瀧龍雄(ありたきたつお)氏が所有していた「アリタキアーボレータム」を市に寄贈し、現在に至っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

海多里(@kaori9270)がシェアした投稿

園内には世界各地から集められた約320種、1000本ほどの樹木が植栽されており、中には幹周りが4m以上もある「シナサワグルミ」や天然記念物に指定されている「ラクウショウ」といった珍しい植物もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ほげほげ(@yamame_30)がシェアした投稿

自然豊かな庭園で、さえずる野鳥や美しい蝶なども鑑賞してみませんか。

料金表

●一般
大人(高校生以上)100円 / 小人(小中学生)30円 / 未就学児無料

越谷アリタキ植物園の詳細はこちら

●所在地
〒343-0024
埼玉県越谷市越ヶ谷2563の1
●アクセス
東武伊勢崎線「越谷駅」「北越谷駅」から徒歩約20分、東武伊勢崎線「越谷駅」からバスで「久伊豆神社前」下車、徒歩約7分、東武伊勢崎線「北越谷駅」からバスで「久伊豆神社入口」下車、徒歩5分
●営業時間
<4月~9月>9:00~17:00
<10月~3月>9:00~16:00
※入園は閉園30分前まで
●定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月4日)
●電話番号
048-964-2111(越谷市役所 都市整備部 公園緑地課)
●公式HP
越谷アリタキ植物園 越谷市公式ホームページ

「温室」のある埼玉の植物園へ行ってみよう!

埼玉県には、さまざまな植物を鑑賞できる植物園が複数あります。親しみのある樹木や草花だけでなく、温室で育てられる熱帯の果樹や灌木なども鑑賞できるので、南国気分も味わえるでしょう。

若葉が芽吹き、花がほころぶ季節です。新緑と色とりどりの花や、希少な熱帯植物に癒される埼玉の植物園へ行ってみませんか。

関連記事 埼玉の花名所♪フラワーパーク、フラワーガーデン(花畑)で四季折々の花を
花
ABOUT USこの記事を書いた人