パパママカードでお得に遊びに出かけよう♪映画館、温泉、レジャーなど

パパ・ママ応援ショップ優待カード

埼玉県が発行している子育て家族向けの「パパ・ママ応援ショップ優待カード」(以下パパママカード)。県内を中心にさまざまな施設で利用でき、割引や特典などのサービスを受けることが可能です。カード型に加え便利なアプリもありますよ。

今回は埼玉県を中心に、映画館や温泉施設、テーマパークなどのレジャー施設での使い方を詳しく解説します。

※埼玉県の公式サイトを参照にしており、実際と異なる場合があります
※掲載内容は執筆当時のものです。最新情報は事前にご確認ください。

パパママカードが使える映画館♪

映画館イメージ

パパママカードは映画館で利用することが可能です。家族みんなでわいわいと映画を楽しんでみませんか?

TOHOシネマズ ららぽーと富士見店

「TOHOシネマズ ららぽーと富士見店」「ららぽーと富士見」の3階にある大型の映画館です。

アクセスは東武東上線の鶴瀬駅からバスで約6分。映画館のスクリーンは9つで、一部は4Dにも対応しています。映画だけでなく、コンサートや演劇、スポーツなどのライブビューイングも実施しています。

パパママカード特典
  • 幼児・小学生・中学生の鑑賞料金を100円割引

※他サービスと併用不可

公式HP

TOHOシネマズ ららぽーと富士見店

新所沢レッツシネパーク

「新所沢レッツシネパーク」は新所沢パルコのレッツ館4階にある、テアトルシネマグループの映画館です。西武新宿線の新所沢駅から徒歩3分とアクセスがよく、気軽に映画が楽しめます。

3つあるスクリーンの最前列には、多人数で利用できるフラットシートが設置されており、家族連れにおすすめです。チャイルドシートの貸出サービスもあります。

パパママカード特典
  • 高校生以下の子どもの当日券を200円引き

※1家族3名まで
※他サービスと併用不可
※特別興業などは利用できない場合あり

公式HP

新所沢レッツシネパーク

パパママカードが使える温泉施設♪

温泉施設イメージ

パパママカードは温泉施設でも使うことができます。近くの温泉施設でゆっくり温泉を楽しむのもよし、少し遠出をして温泉テーマパークで遊ぶもよし。予算や時間に合わせて活用しましょう。

おふろcafé

「おふろcafé」は株式会社温泉道場が運営する、お風呂とカフェ・レストラン、漫画ラウンジ、ワーキングスペース、宿泊設備を組み合わせた施設です。

全国に7店舗あり、埼玉県では熊谷市で「おふろcafé bivouac(ビバーク)」、さいたま市で「おふろcafe utatane(ウタタネ)」児玉郡で「おふろcafe 白寿の湯」を展開しています。

おふろcaféの特徴は店舗ごとに個性的なコンセプトがあること。例えばおふろcafé bivouacではアウトドア・グランピングをテーマにテントやハンモックがあり、ボルダリングが楽しめます。

おふろcafé utataneは北欧風の内装でフィンランドのサウナ小屋「サウナコタ」が特徴的。おふろcafé 白寿の湯では天然温泉と糀料理のコラボレーションが楽しめます。

パパママカード特典(おふろcafé bivouac)
  • 平日は小学生未満の子どもの全入館コースが無料

公式HP:おふろcafé bivouac

パパママカード特典(おふろcafe utatane)
  • 小学生以下の子どもの入館料(フリータイム)を210円引きの420円に割引

※1家族2人まで

公式HP:おふろcafe utatane

パパママカード特典(おふろcafé 白寿の湯)
  • 3歳から小学6年生までの子どもの入館料(通常受付)を300円引きの100円に割引

※人数制限なし

公式HP:おふろcafé 白寿の湯

極楽湯

極楽湯は全国に40店舗以上展開しているスーパー銭湯です。

埼玉県内では上尾市の「上尾店」、羽生市の「羽生温泉」、幸手市の「幸手店」、和光市の「和光店」の4店舗を展開しています。

各店舗では天然温泉の内湯や露天風呂、サウナが楽しめるほか、レストランやリラクゼーション施設も併設されています。

パパママカード特典(上尾店)
  • 4歳から小学生までの子どもの入館料を会員価格より半額
  • 小学生までの子どものソフトクリームの料金を会員270円 / 一般290円(税抜)で提供

公式HP:極楽湯 上尾店

パパママカード特典(羽生温泉)
  • 3歳から小学生までの子どもの入館料(通常料金)を半額に割引

公式HP:羽生温泉

パパママカード特典(幸手店)
  • 4歳から小学生までの子どもの入館料を割引(平日:200円 / 土日祝:250円)

公式HP:極楽湯 幸手店

パパママカード特典(和光店)
  • 4歳から小学生までの子どもの入館料を割引(平日:300円 / 土日:350円)
  • 小学生までの子どものソフトクリーム料金を250円(税抜)で提供

公式HP:極楽湯 和光店

スパリゾート ハワイアンズ

パパママカードは県外でも利用可能です。福島県の大型温泉テーマパーク「スパリゾートハワイアンズ」では入場料が割引されます。

スパリゾートハワイアンズは6つの温泉テーマパークと4つのホテルから成り立っており、広さは何と東京ドーム約6個分!

巨大なボディスライダーのある「ビッグアロハ」、南国ムードあふれる「ウォーターパーク」などテーマも楽しみ方もさまざまです。

映画「フラガール」に登場したポリネシアンダンスショーも見どころです。アクセスはJR常磐線湯本駅から無料送迎バスで約15分、タクシーで約10分。東京から高速バスも出ています。

パパママカード特典
  • 入場料金の10%割引

 大人(中学生以上)3,570円 → 3,220円
小学生 2,250円 → 2,030円
3歳以上の幼児 1,640円 → 1,480円

公式HP

【公式】スパリゾートハワイアンズ

パパママカードが使えるレジャー施設♪

レジャー施設イメージ

パパママカードは動物園やテーマパークなどのレジャー施設でも活用できます。子どもたちと一緒に楽しく出かけながら、パパママカードを使って節約しましょう!

東武動物公園

「東武動物公園」は東武動物公園駅下車徒歩10分、またはバスで約5分にある、埼玉県を代表する動物園です。610,000㎡にも及ぶ施設内には動物園、遊園地、プールがあります。

動物園ではホワイトタイガーをはじめとした約120種類の動物たちを見ることができますよ。ジェットコースターや観覧車がある遊園地は大人から子どもまで楽しめます。

パパママカード特典
  • 入園料・ワンデーパスの割引(カード1枚につき5名まで)

<入園料>
大学生以上 1,800円 → 1,600円
中・高校生 1,500円 → 1,300円
3歳から小学生 800円 → 700円
<ワンデーパス>
大学生以上 5,100円 → 4,900円
中・高校生 4,800円 → 4,600円
3歳から小学生 3,800円 → 3,700円

公式HP

東武動物公園 公式サイト

むさしの村

加須市にある「むさしの村」は遊園地と農場、牧場、プールからなるレジャー施設です。

最寄り駅は東武伊勢崎線加須駅で、タクシーで約10分。冬以外は日・祝日に無料送迎バスを運行しています。遊園地ではメリーゴーランドなど22種類のアトラクションがあります。

農場「わくわくファーム」では季節の野菜の収穫やいちご狩り、ブルーベリー狩り、栗拾いやサツマイモ堀りなどが体験できます。

パパママカード特典
  • 入園料の割引(1家族3名まで)

中学生以上の大人 1,200円 → 1,000円
3歳から小学生 650円 → 500円

公式HP

遊園地で農業体験 むさしの村遊園地

アクアパラダイス パティオ

深谷市の深谷グリーンパーク内にある「アクアパラダイス パティオ」は南欧や地中海沿岸をイメージした屋内アミューズメントプールです。

アクセスはJR高崎線深谷駅南口から路線バスで約23分。土日祝日には無料シャトルバスも運行しています。北関東最大級という約7,770㎡の施設内には、波のプールや流れるプール、ウォータースライダーや子ども用のプールなどがあります。

パパママカード特典
  • 1家族4名まで、水着ショップでの購入金額より10%割引

※子ども連れの家族が対象
※一部商品は割引対象外

公式HP

深谷グリーンパーク

サンリオピューロランド

埼玉県外でパパママカードが利用でき、アクセスしやすいテーマパークといえば、東京都多摩市の「サンリオピューロランド」です。

ハローキティをはじめとするサンリオのキャラクターと会える屋内テーマパークへは京王線・小田急線・多摩モノレールの多摩センター駅から徒歩約5分です。

テーマパーク内はサンリオのキャラクター達の世界観がぎゅっとつめこまれたファンタジックな内装で、歩くだけでも楽しめます。キャラクターにちなんだアトラクションもありますよ。

パレードやショーではキャラクターたちが華麗なダンスを繰り広げます。

パパママカード特典
  • 休日料金の割引

18歳以上の大人 3,900円 → 3,600円
3歳以上の子ども 2,800円 → 2,500円
※1回に付き5名まで

公式HP

サンリオピューロランド

パパママカードが使えるキャンプ施設♪

キャンプ場イメージ

パパママカードはキャンプ施設でも使うことができます。最近人気が高まってきたアウトドアを家族で楽しみませんか?

満願ビレッジオートキャンプ場

奥長瀞にある「満願ビレッジオートキャンプ場」は関越自動車道の「花園IC」から約40分にある、1年中オープンしているキャンプ場です。

キャンプのほか木製コテージやトレーラーハウスに宿泊できます。BBQガーデンでは手ぶらでバーベキューを楽しめますよ。隣接する「秩父温泉満願の湯」で温泉に入ることも可能です。

パパママカード特典
  • テントサイト1予約につき着火剤1個贈呈
  • 宿泊棟(トレーラー・コテージ)1予約につき木炭1セット(3㎏)贈呈

※予約時に「パパ・ママカード利用」と申告する必要あり
※トップシーズン・ファミリー応援日は除外
※他サービスとの併用不可
※複数棟を予約する場合も特典は1セットずつ

公式HP

満願ビレッジオートキャンプ場

リバーパーク上長瀞オートキャンプ場

「リバーパーク上長瀞オートキャンプ場」は、秩父鉄道上長瀞駅から徒歩5分の、アクセスが便利なキャンプ場です。3月から11月までキャンプが可能で、ログキャビンもレンタルできます。

場内にあるツアー会社「アウトドアセンター長瀞」ではゴムボートによるラフティングなどのアウトドアアクティビティが体験できます。

パパママカード特典
  • 宿泊料金5%割引

※GWやお盆期間は除外

公式HP

リバーパーク上長瀞 キャンプ場

長瀞キャンプヴィレッジ

「長瀞キャンプヴィレッジ」は天然温泉の露天風呂が楽しめるキャンプ場です。オープンは4月上旬から11月末まで。秩父鉄道の樋口駅より徒歩約15分とアクセスも便利です。

荒川沿いにオートキャンプサイトがあるほか、BBQスペースのついたバンガローに宿泊できます。天然温泉の大浴場と露天風呂もありますよ。

パパママカード特典
  • テントサイトでの宿泊に限り、サイト代を10%割引

※GWやお盆、連休などは対象外

公式HP

長瀞キャンプヴィレッジ

長瀞オートキャンプ場

「長瀞オートキャンプ場」は3月から12月までオープンしているキャンプ場です。アクセスは秩父鉄道の野上駅より徒歩約20分、関越自動車道「花園IC」から国道140号で約25分です。

通常のキャンプやバンガローの利用に加え、屋内テントやコテージでグランピングが体験できます。おむつ替え・授乳施設、絵本の部屋など子ども向けの施設も充実しています。

パパママカード特典
  • テントサイトでの宿泊に限り、サイト代を10%割引

※GWやお盆、連休などは対象外

公式HP

リバーサイド長瀞オートキャンプ場

ウォーターパーク長瀞

長瀞玉淀自然公園内にある「ウォーターパーク長瀞」は荒川に面したキャンプ場で、アクセスは秩父鉄道の上長瀞駅または親鼻駅から徒歩約10分。

キャンプに加え木製のトレーラーハウスやコテージに宿泊できます。荒川で川遊びやバーベキューが楽しめるほか、ルアーフィッシングや子どもとエサ釣りができるがフィッシングエリアもありますよ。

パパママカード特典
  • 宿泊1グループにつき、着火材1袋を贈呈
公式HP

ウォーターパーク長瀞

パパママカードでお得にレンタカー♪

ドライブイメージ

家族でのお出かけに便利なレンタカーですが、意外とコストがかかりますよね。パパママカードを活用してお得に車をレンタルしませんか?

トヨタレンタリース埼玉

「トヨタレンタリース埼玉」は埼玉県内に約40店舗を展開するレンタカーショップです。

パパママカードは全店舗で利用できるほか、同じトヨタ系列の「トヨタレンタリース新埼玉」31店舗と他県の「トヨタレンタリース群馬」16店舗でも利用可能です。

パパママカード特典
  • レンタカー基本料金の10%割引とチャイルドシート(ベビーシート、ジュニアシート含む)1台の無料貸出

※割引は一部対象外の車種あり
※他サービスとの併用不可
※シート単体での貸出不可

公式HP

トヨタレンタリース埼玉

ニッポンレンタカー

全国に店舗を展開する「ニッポンレンタカー」でもパパママカードの特典は利用できます。対象は埼玉県の全37店舗と栃木県の全9店舗、群馬県の全5店舗です。

パパママカード特典
  • レンタカー基本料金の10%割引とチャイルドシート(ベビーシート・ジュニアシート含む)1台の無料貸出

※割引は一部対象外の車種あり
※他サービスとの併用不可
※シート単体での貸出不可
※利用可能地域:埼玉県・栃木県・群馬県

公式HP

レンタカーならニッポンレンタカー

パパママカードでお得に遊ぼう!

パパママカードは映画館や温泉、テーマパークやキャンプ場などさまざまなレジャー施設で割引やプレゼントなどの特典を得ることができます。

パパママカードを活用して、家族でお得に遊びに出かけましょう!

パパ・ママ応援ショップ優待カード
パパ・ママ応援ショップ優待カード
ABOUT USこの記事を書いた人