越谷の名物といえば!有名なグルメやお土産におすすめなお菓子

越谷市には、地元の特産品を使った名物グルメやお菓子がたくさんあります。江戸時代から続く越谷ねぎや餅米など、名物グルメの宝庫です。

また、越谷の名物お菓子は、お土産にも最適で多くの方に喜ばれます。

今回は、越谷の名物グルメとお菓子をご紹介します。

※掲載内容は執筆当時のものです。最新情報は事前にご確認ください。

越谷の名物グルメ

越谷市では、食を通して越谷の魅力を発信する「こしがや愛されグルメ」という取り組みを行っています。昔から越谷市民に愛されている名物グルメやスイーツ、手土産に最適なお菓子などが認定されています。

ここでは「こしがや愛されグルメ」の中から、厳選した名物グルメをご紹介します。

鴨ネギ鍋

鴨ネギ鍋

「鴨ネギ鍋」は、2005年11月に開催された「こしがや産業フェスタ」で誕生した、越谷市の名物グルメです。

江戸時代から良質な長ネギの産地であり、宮内庁鴨場があることから、町おこしの一環として「鴨ネギ鍋」が誕生したと伝えられています。

「鴨ネギ鍋」の特徴は、醬油ベースの鍋スープと厳選された鴨肉、焼ネギと煮込んだネギを使用していることです。

越谷ねぎの中でも質が高い長ネギは、煮込んでも焼いても甘みが強く、鴨肉との相性抜群!

鴨肉は、ビタミンB群や鉄分が多く含まれており、美容効果にも優れている食材です。身体を温める効果があるネギと鴨肉の鍋は、冬にぴったりという声も多いです。

現在、鴨ネギ鍋を提供しているお店は、「そば処 久伊豆」「エムズカフェ」「四季の山海料理 鈴真」「居酒屋 いちまる」「居酒割烹 若竹」「石臼挽きそば 更科」「手打ちそば ふしみ」「もつ焼き せんとり」「そば処 増林砂場」「石臼挽きDINING清藤」です。

越谷の名物グルメ「鴨ネギ鍋」を、ぜひ一度ご賞味ください。

鴨ネギ鍋が食べられるおすすめ店

そば処久伊豆|食べログ
鈴真|食べログ
居酒屋いちまる|食べログ

北越ぎょうざ

出典:北越ぎょうざ 
出典:北越ぎょうざ

「北越ぎょうざ」は、北越谷駅東口から徒歩約3分の場所にある、生ぎょうざのテイクアウト専門店です。「ママが作ったやさしいぎょうざ」をコンセプトに、素材にこだわり一つひとつ手作りしています。

毎日、お店で作られる「北越ぎょうざ」は、出来立てを瞬間冷凍することで、旨味を閉じ込めます。冷凍庫で保存しても旨味がたっぷり含まれ、美味しくいただけるのは嬉しいポイントですね。

出典:北越ぎょうざ
出典:北越ぎょうざ

焼いても茹でても美味しい「北越ぎょうざ」には、フードコーディネーターのオーナーさん自慢の「自家製辛味噌ダレ」や、鶏屋さんが作る「鶏がらポン酢ダレ」がよく合います。

メニューは、野菜がたっぷり入った家庭の味「北越ぎょうざ」をはじめ、お肉やニンニク多めの「男前ぎょうざ」、ニンニク不使用の「越谷ねぎぎょうざ」と「岩下の新生姜ぎょうざ」があります。

本店や越谷市内のセブンイレブン、スーパーのほか、Amazonでもお取り寄せが可能です。自宅で楽しめる「北越ぎょうざ」を、ぜひ一度ご賞味ください!

料金例(税込)

北越ぎょうざ(生または冷凍 18個入)685円
北越ぎょうざ(焼き 8個入)388円
男前ぎょうざ(生または冷凍 16個入)685円 /(焼き 8個入)453円

詳細情報

所在地  越谷市北越谷5-8-5
アクセス  東武「北越谷駅」東口から徒歩約3分
駐車場  あり
営業時間  11:00~19:00
定休日  水
電話番号  048-940-0939
サイト  北越ぎょうざ
SNS  北越ぎょうざ
SNS  北越ぎょうざ

越谷鴨ねぎこっぺ

「越谷鴨ねぎこっぺ」は、越谷市の名物食材の鴨とねぎを使った、越谷のご当地グルメです。

越谷名物を使った「越谷鴨ねぎこっぺ」は「こしがや愛されグルメ」にも認定され注目されています。

その越谷ねぎと国産鴨を甘辛いタレで味付けた「越谷鴨ねぎこっぺ」は「shocomo(ショコモ)」で販売されています。

「shocomo」は、コッペパンをはじめ、スイーツやドリンクなどを提供している人気店で、越谷駅から徒歩約6分の場所にあります。

看板メニューである「越谷鴨ねぎこっぺ」は、ふわふわのパンに、鴨肉と越谷ねぎを挟んだ和風コッペパンで、多くの方に好まれています。

シャキシャキとした食感の越谷ねぎと美容効果が高い鴨肉は、相性もよく、ボリューム満点の一品です。越谷市を訪れた際には、ぜひ一度「shocomo」の「越谷鴨ねぎこっぺ」をお楽しみください。

料金例(税込)

越谷鴨ねぎこっぺ  450円(テイクアウト)/ 458円(イートイン)

詳細情報

所在地  越谷市越ケ谷2-4-22
アクセス  東武伊勢崎線「越谷駅」西口から徒歩約6分
駐車場  あり
営業時間  10:00~18:00
定休日  月・金
電話番号  048-972-6018
SNS  越谷鴨ねぎこっぺ

太郎兵衛もち

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sudo Kenichi(@kenbostyle)がシェアした投稿

「太郎兵衛もち」の歴史は、およそ400年前に遡ります。江戸時代初期、会田太郎兵衛がもち米の改良に取り組んでいたことがルーツと伝えられています。

やがて、会田太郎兵衛が良質なもち米の生産に成功し、周辺の農家にも栽培が広がり「太郎兵衛もち」と名付けられました。

独特の風味でコシがあり、粘りがある「太郎兵衛もち」は、明治から昭和初期にかけて盛んに栽培されていました。

しかし、時代とともに生産が激減、平成5年より「太郎兵衛もち」の復活を目指して事業を展開しています。

越谷市では、お正月に「太郎兵衛もち」のお雑煮をいただくという声も多いです。このように、「太郎兵衛もち」は新年を祝う大切な食材として、古くから愛されてきました。

現在、越谷市内の農産物直売所で「太郎兵衛もち」を使ったのし餅や切り餅、あられなどが販売されています。歴史がある「太郎兵衛もち」を、ぜひ一度お試しください。

太郎焼

出典:太郎焼本舗 
出典:太郎焼本舗

越谷名物「太郎焼」は、自家製あんこ100%の和生菓子です。越谷駅から徒歩で3分の場所にある「太郎焼本舗」で販売されています。

見た目は今川焼のようですが、越谷市では「太郎焼」と呼ばれています。

無添加でヘルシーな自家製あんこにこだわり、さっぱりと仕上げている「太郎焼」は、多くの方に好まれています。

出典:太郎焼本舗
出典:太郎焼本舗

北海道産の大納言小豆を、皮ごと煮詰めて作る餡は、ほどよい甘さが特徴です。砂糖を控えめにして、小豆本来の甘さが楽しめるように作られています。

一方、生地には蜂蜜と卵が使われ、もちもちした食感の薄皮で餡をたっぷりと包みます。

「太郎焼本舗」のメニューは「あずき餡」のみでありながら、昔ながらの味が楽しめると人気を集めています。手土産にも喜ばれる「太郎焼」を、ぜひ一度ご賞味ください!

料金例(税込)

太郎焼  1個 100円
太郎焼  5個 500円

詳細情報

所在地  越谷市越谷1-3-19
アクセス  東武伊勢崎線「越谷駅」から徒歩約3分
駐車場  なし
営業時間  9:30~17:30
定休日  日・木
電話番号  048-966-2555
サイト  太郎焼本舗

虹だんご

出典:虹だんご
出典:虹だんご

越谷市の有形文化財「大相模不動尊大聖寺」にある「虹だんご」は、多くの参拝者に親しまれている団子屋さんです。

「虹だんご」は、越谷レイクタウン駅から、徒歩約20分の場所にあります。

「虹だんご」では、毎日早朝から仕込みを始め、注文を受けてから焼き上げています。出来立てのお団子は、外が香ばしく、中はもちもちした食感が特徴です。

出典:虹だんご
出典:虹だんご

お団子の原料となるお米は、宮城県産の特別栽培米「登米産のひとめぼれ」を100%使用しています。

「登米産のひとめぼれ」で作られるお団子は、コシがあり噛めば噛むほど、お米本来の風味が楽しめます。

さらに、お団子の生地と相性がよいタレにもこだわり、少し時間が経っても美味しくいただくことができます。

定番の「甘だれ」や「生醬油」のほか「素焼きだんごとあんこセット」も購入できますよ。

ちなみに「虹だんご」の歯ごたえがあるお団子の生地は、保存料や添加物不使用、昔ながらの製法を守ってきました。そのため、購入した日にいただくことをおすすめします。

大相模不動尊大聖寺を参拝した際は、ぜひ一度「虹だんご」にお立ち寄りください。

料金例(税込)

甘だれ・生醬油  1本 150円
素焼きだんごとあんこセット  2本入り 390円

詳細情報

所在地  越谷市相模町6-442
アクセス  JR「越谷レイクタウン駅」から徒歩約20分
駐車場  あり
営業時間  9:30~17:00(売切れ次第終了)
定休日  火
電話番号  048-988-0248
サイト  虹だんご

お土産におすすめ!越谷名物のお菓子

ここからは、越谷の名産品を使った珍しいお菓子や和と洋のコラボレーションなど、魅力的なお菓子をご紹介します。

越谷ろまんず

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯崎家本舗(@isozakiyahonpo)がシェアした投稿

「越谷ろまんず」は、和洋菓子店「磯崎家本舗」で販売されている銘菓です。「磯崎家本舗」は、東武蒲生駅から徒歩約3分の場所にあります。

「越谷ろまんず」は、創業当時から販売されており、地元の方から長年親しまれてきました。

当初は「ロマンス」というネーミングで、つぶあんとこしあんの2種類が販売されていました。そして、1977年に「越谷ろまんず」に改名、こしがや愛されグルメにも認定されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯崎家本舗(@isozakiyahonpo)がシェアした投稿

ふわふわのブッセ生地に、自家製餡のこしあん・つぶあん・しろあんと良質なバターをサンドした「越谷ろまんず」は、和と洋が融合したお菓子です。

厚みがあるブッセ生地と自家製餡は、甘さのバランスがよく、多くのお客様に好まれています。

また、チョコレートクリームやアーモンドクリームが楽しめる「越谷ろまんず」は、若い世代のお客様に人気です。和洋菓子店ならではの銘菓「越谷ろまんず」を、ぜひ一度お楽しみください!

料金例(税込)

越谷ろまんず  1個 162円

詳細情報

所在地  越谷市蒲生茜町8-16
アクセス  東武伊勢崎線「蒲生駅」西口から徒歩約3分
駐車場  なし
営業時間  9:00~19:00
定休日  月(祝日・祭日・お盆・お彼岸中は営業)
電話番号  048-985-0933
サイト  磯崎家本舗
SNS  磯崎家本舗

越谷ロール

出典:パティスリー・ビィズ・ショコラ
出典:パティスリー・ビィズ・ショコラ

「越谷ロール」は、2007年にオープンした「パティスリー・ビィズ・ショコラ」が製造・販売している、越谷名物のスイーツです。

「パティスリー・ビィズ・ショコラ」は、新越谷駅から徒歩で12分ほどの場所にあります。

「こしがや愛されグルメ」にも認定されている「越谷ロール」は、米粉とこめ油の生地で寒天入りの生クリームを包んだロールケーキです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

S.AKIKO(@akoko0930)がシェアした投稿

北海道産生クリームは、くちどけがよく、こだわりのスポンジケーキとの相性抜群です。

さらに、寒天とこめ油を使用することで、さっぱりした味わいやしっとり食感が楽しめます。シンプルでありながら、ほどよい甘さとふんわり食感で、多くの方に好まれています。

「越谷ロール」を提供している「パティスリー・ビィズ・ショコラ」では、チョコレートを使用したスイーツをはじめ、バリエーション豊富な品揃えで人気を集めています。

店頭に並ぶスイーツは、すべて店内の工房で手作りしています。「越谷ロール」は期間限定販売のため、購入の際はお問い合わせください。

料金例

越谷ロール  1本 980円

詳細情報

所在地  越谷市新越谷2-13-4
アクセス  「新越谷駅」から徒歩約12分
駐車場  あり
営業時間  10:00~18:00
定休日  火・水
電話番号  048-989-0141
サイト  パティスリー・ビィズ・ショコラ
SNS  パティスリー・ビィズ・ショコラ

越谷くわい銘菓

 

この投稿をInstagramで見る

 

岡埜製菓店(@japanese.sweets.okano)がシェアした投稿

「越谷くわい銘菓」は、明治25年創業の老舗和菓子店「岡埜製菓店」で販売されている越谷の銘菓です。

越谷の名産品である「慈姑(くわい)」を使った3種類の和菓子が「越谷くわい銘菓」と呼ばれ、古くから愛されてきました。

「慈姑」とは、オモダカ科の水生野菜で、縁起物としても知られています。独特のほろ苦い味とホクホクした食感が特徴で、冬が旬の食材です。

この「慈姑」を使った「くわい大福」「くわい饅頭」「くわいの里」が、こしがや愛されグルメにも認定されています。

「くわい大福」は、茹でた慈姑を裏ごしした餡をお餅で包んだ、慈姑100%の大福です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

岡埜製菓店(@japanese.sweets.okano)がシェアした投稿

一方、「くわい饅頭」は、茹でて密漬けにした慈姑を、こしあんと生地で包んだお饅頭です。

慈姑のほろ苦さや独特の風味と、やさしい甘さの「越谷くわい銘菓」は、珍しい和菓子でお土産にも喜ばれています。

「越谷くわい銘菓」は、12月から4月頃までの期間限定で販売されています。「岡埜製菓店」にお越しの際は、ぜひ一度「越谷くわい銘菓」をご賞味ください。

料金例(税込)

くわい大福  120円
くわい饅頭  120円
くわいの里  150円

詳細情報

所在地  越谷市越ケ谷本町6-3
アクセス  東武伊勢崎線「越谷駅」西口から徒歩約11分
営業時間  8:00~18:00
定休日  月
電話番号  048-962-2539
SNS  岡埜製菓店

越谷っ子・慈姑サブレ・越ヶ谷御殿

 

この投稿をInstagramで見る

 

領域(@supesia)がシェアした投稿

最後にご紹介する「越谷っ子」「慈姑サブレ」「越ヶ谷御殿」は、すべて同店舗「銘菓処 千菱」の商品です。

「越谷っ子」は、埼玉県産の小麦粉と胚芽粉をブレンドした生地で、黄身餡を包んだお菓子です。

表面にまぶしたシナモンが、さらに「越谷っ子」の風味を引き立てます。販売開始からおよそ20年、地元の方たちに愛されている名物お菓子です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾﨑(@ozake.nonnon)がシェアした投稿

「慈姑サブレ」は、越谷名物の慈姑を自社で加工して作られたサブレです。サクサク食感と、独特な慈姑の風味がほんのり楽しめると人気を集めています。

「越ヶ谷御殿」は、埼玉県産胚芽粉と小麦粉、さらに「麦焦がし粉」がブレンドされた生地で、黄身餡を包んだお菓子です。

表面に砂糖をまぶした「越ヶ谷御殿」は、徳川家康の好物だった「麦焦がし粉」を使用した地域性の高いお菓子として知られています。

お土産にも喜ばれる「越谷っ子」「慈姑サブレ」「越ヶ谷御殿」を、ぜひ一度お楽しみください!

料金例

越谷っ子  1個 86円
慈姑サブレ  1個 108円
越ヶ谷御殿  1個 108円

詳細情報

所在地  越谷市恩間357
アクセス  東武伊勢崎線「大袋駅」から徒歩約11分
営業時間  9:00~18:00
定休日  火
電話番号  048-970-4581
参考  銘菓処 千菱|こしがやWEB

越谷が誇る名物グルメやお菓子を堪能しよう♪

今回は、越谷の名物グルメと名物お菓子をご紹介してきました。越谷の名産品を使った名物グルメは、昔から地元の方たちに親しまれてきました。

また、越谷名物のお菓子は、お土産にも最適で、多くの方に喜ばれています。

越谷市を訪れた際は、ぜひ、名物グルメやお菓子をお楽しみください。

もつ鍋
ラーメン
いちご狩り
新越谷駅
ABOUT USこの記事を書いた人