埼玉グルメ【タクシー運転手さん一番うまい店に連れてって】お店を紹介!

つけ麺と白米

「タクシー運転手さん一番うまい店に連れてって!」は、テレビ東京で放送。

仕事中のタクシー運転手さんに取材し、美味しい店に連れてってもらうグルメバラエティ番組です。

2023年1月26日放送回で紹介された埼玉のお店をお伝えします。

※掲載内容は執筆当時のものです。最新情報は事前にご確認ください。

埼玉タクうまグルメのお店

そば処久伊豆

2000年創業の蕎麦処。

伝統的な埼玉地場料理の提供店に与えられる、埼玉S級グルメ提供店舗に選ばれています。

オススメは鴨すき。

鴨すきは、宮内庁鴨場のおもてなし料理。越谷には「宮内庁埼玉鴨場」があり、おもてなしで鴨が出されていました。

そば処久伊豆の鴨すきは、完全放牧・有機農法で育てられた最高級の合鴨を100g使用。

食材の旨味を直接味わえるように、おろし醤油のみでいただきます。

鴨から出た脂で焼く、越谷ねぎも絶品です。

料金例

鴨すき  1,600円

詳細情報

所在地  越谷市東越谷4-24-6
アクセス  東武鉄道「越谷駅」から車で10分
駐車場  あり(10台)
営業時間 
  11:00~14:30 
夜  17:00~20:30
定休日  水
電話番号  048-960-5388
参考  そば処久伊豆|食べログ
SNS  そば処久伊豆

永吉

2013年創業のラーメン店。

中華料理の老舗「聘珍楼」で10年修行した店主が、独立して開業。

店名の由来は、“矢沢永吉さんのファン”だから。

オススメの担々麺は、ゴマの香り豊かな本格派。練りごまはお店で挽いています。

スープは豆乳でコクをプラス。旨辛がやみつきに。

料金例

担々麺  880円

詳細情報

所在地  川口市西川口1-5-5 MFハイツ 1F
アクセス  JR「西川口駅」から徒歩2分
駐車場  なし
営業時間  
昼  11:30~15:00(L.O.14:30)
夜  火~土  18:00~23:00(L.O.22:30)日祝  18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日  月
電話番号  050-5890-9210
参考  永吉 | 食べログ

中華食堂フーロン

1972年創業の中華食堂。

今の店主の義父が5年病に倒れ一度閉店。

常連客から再開を求める声があり、娘さん夫婦が2代目として復活させました。

オススメは、ミスジステーキ定食。

 

この投稿をInstagramで見る

 

中華食堂 フーロン(@fu___ron)がシェアした投稿

売り切れ続出、日にち限定メニューです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

中華食堂 フーロン(@fu___ron)がシェアした投稿

ミディアムレアに焼き上げるお肉は、柔らかく濃厚な味。醤油ベースの秘伝ダレがマッチします。小鉢・ミニデザート付き、ライス大盛無料。

料金例

醤油ラーメン  580円
平日サービス定食(大盛無料)790円
ミスジステーキ定食  990円

詳細情報

所在地  春日部市備後東7-26-14
アクセス  東武伊勢崎線「武里駅」から徒歩14分
駐車場  あり
営業時間
昼  10:00~14:30
夜  土日のみ  17:00~20:00
定休日  月・火
電話番号  048-735-8655
サイト  中華食堂フーロン
SNS  中華食堂フーロン
SNS  中華食堂フーロン

中華そば螢

1,000軒のラーメン店を制覇したマニア推薦。

2004年創業、食事時には毎日満席になる人気店です。

オススメの白のつけ麺は、魚介と動物のWスープ。

魚介スープは、さんま・カツオ・煮干し・サバを使用。動物スープは、鶏ガラ・丸鶏・ハーブ・野菜の鶏白湯スープです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

中華そば螢(@chukasoba_hotaru)がシェアした投稿

つけ麺はさっぱりした白のほか、ドロドロの赤もあります。

料金例

白つけそば  1,000円
赤つけそば  1,000円

詳細情報

所在地  さいたま市見沼区大和田町1-1813
アクセス  東武野田線「大和田駅」から徒歩8分
駐車場  あり
営業時間  10:45~21:30(売り切れ次第終了)
定休日  年中無休(年末年始を除く)
電話番号  048-888-3331
サイト  中華そば螢
SNS  中華そば螢

タクシー運転手さんおすすめ埼玉のうまい店に食べに行こう♪

担々麵と白米

以上、「タクシー運転手さん一番うまい店に連れてって!」で紹介された、埼玉のお店をお伝えしました。

ぜひ、食べに行ってくださいね。

焼き網で団子を焼く
煮込みハンバーグの断面
デミグラスソースのハンバーグステーキ
定食
ABOUT USこの記事を書いた人