玉川温泉(埼玉県ときがわ町)で昭和レトロな空間にタイムスリップ!

皆さんは埼玉県ときがわ町にある「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」(以下玉川温泉)をご存知ですか?

玉川温泉のテーマは「昭和レトロ」

まるでタイムスリップしたかのような昔懐かしい昭和の雰囲気を見事に再現した温泉なんです。そんな昭和レトロな空間で温泉に浸かり、美味しいものを食べて、ゆっくりとした時間を過ごしてみませんか?きっと癒されること間違いなしですよ!

この記事ではそんな玉川温泉の魅力についてたっぷりと紹介します!

※掲載内容は執筆当時のものです。最新情報は事前にご確認ください。

埼玉県ときがわ町にある「昭和レトロな銭湯 玉川温泉」とは?

提供:玉川温泉提供:玉川温泉

玉川温泉は、埼玉県の中部に位置するときがわ町にある日帰り温泉施設です。

ときがわ町は自然豊かでのどかな町ですが、都心から最も近い田舎とも言われ関東近郊からであれば気軽に訪れることができます。

休日に日帰りで旅行気分を味わえるスポットとしておすすめです!

アクセス情報

●所在地
〒355-0342 埼玉県比企郡ときがわ町玉川3700
●お車でお越しの場合
関越自動車道東松山ICより小川町町方面の国道254号線嵐山バイパスを経由し、玉川方面へ約13km。都心からだと100分ほどで到着します。
●公共交通機関でお越しの場合
東武東上線「小川町駅」より、ときがわ町路線バス「明覚駅行き」に乗車。「十王堂前」で下車し、そこから徒歩15分

駐車場情報

駐車場は無料で、第1駐車場と第2駐車場があります。

第1駐車場は100台程駐車可能ですが、土日などは埋まってしまうこともあるため車でお越しの方は平日のご利用がおすすめです。

入館料

●基本入館料
大人
830円(土日祝は880円)
小学生
400円
未就学児
200円

朝割、夜割などお得にご利用ができるサービスもございます。
詳しくは公式サイト( https://tamagawa-onsen.com/ )をご確認ください。

営業時間

<平日>10:00~22:00 (最終入館21:30)
<土日祝>5:00~22:00 (最終入館21:30)
※玉川温泉は施設が充実しており、まるで温泉旅館のようですが、宿泊施設ではないため泊まる事はできません。また、サウナも併設されておりませんので注意が必要です。

玉川温泉(埼玉県ときがわ町)の温泉情報

温泉の効能について

地下1,700メートルの秩父古生層から組み上げている玉川温泉のお湯。

泉質はpH値10.1のアルカリ性単純温泉を加水なしで利用しており、とろりとした柔らかい肌当たりが特徴です。お湯は刺激が少なく温度も低めなことから、身体に負担も少なくゆっくりと温泉に浸かることが出来ます。

美肌効果はもちろん、関節痛、筋肉痛、神経痛、五十肩などに効果があるとされ身体に不調がある方には嬉しい効能。

また、リラックス効果から心の乱れを整える効果もあるとされ、身体と心の両方から癒してくれる温泉です。

昭の湯

玉川温泉には昭(あきら)の湯和(なごみ)の湯の2種類の温泉があります。

これらは週替わりで男湯と女湯が入れ替わるため、それぞれの浴場の違いを楽しむことが出来ます。昭の湯は、雄大な自然を感じられる作り。露天風呂は広々とした岩風呂となっており、まるで自然の中に出来た温泉に浸かっているかのような気分になることが出来ます。

内風呂は開放的な空間に大きな窓があり、窓の外には新緑の林が広がっています。

まるで温泉旅館に来たかのような雄大な雰囲気で自然を見ながら足を伸ばしてゆっくりと温泉を満喫できるのが昭の湯です。

和の湯

提供:玉川温泉提供:玉川温泉

和の湯は、昔懐かしい銭湯にやって来たかのような昭和レトロを感じさせる作り。内風呂の壁には、赤富士と昭和の街並みが描かれておりノスタルジックな雰囲気を作り出しています。

また、L字の浴槽は浅い所と深い所があり、しっかり温まりたい時やゆっくり浸かりたい時など気分で選ぶことが出来ます。露天風呂は、昭の湯とは対照的に木の温もりを感じられる空間。

木製のベンチも置かれてあり、温泉に入って火照った身体を一休みさせる事もできます。落ち着いた雰囲気の和の湯は、ゆっくりとリラックスできる温泉です。

どちらもそれぞれの魅力がある昭の湯和の湯

お目当ての温泉がある場合、来店される前に今週はどちらの浴室なのか問い合わせてみることをおすすめします。

女性浴室限定のものがある

女性の方はぜひやっていただきたいサービスがあります。

女性浴室限定で行っている「泥パック」です。山形県の月布から採掘された泥を使用しており、玉川温泉オリジナルの配合で作っているという泥パック。

5分程パックしただけで、お肌がぷるぷるに潤う一目瞭然の効果。肌の皮脂や汚れをしっかりと落としてくれるので、泥パックは週に一度程度行うのがベスト。

玉川温泉に来たら忘れずにしておきたいサービスの一つです。

玉川温泉(埼玉県ときがわ町)お風呂上りにゆったりできる休憩スペース!

提供:玉川温泉提供:玉川温泉

玉川温泉ではお風呂上がりにゆっくりと休憩のできる場所も用意しています。

休憩スペースには、おしゃれな椅子と本棚が並んでおり数多くの雑誌や書籍を無料で読むことが出来ます。また、無料のマッサージチェアも備わっているためお風呂上がりに極上のひと時を過ごすことができるんです。

そして休憩スペースのすぐ外はテラスとなっており、そこは昔懐かしい銭湯の面影の残る「玉川テラス」。フォトスポットとしても人気です。

提供:玉川温泉提供:玉川温泉

このように、玉川温泉では温泉だけではなく一日中過ごしたくなる癒しのスポットが数多くあります。

玉川温泉(埼玉県ときがわ町)の玉川食堂でお食事を

玉川温泉の中にあるお食事どころ「玉川食堂」では、地元の食材をふんだんに使ったお料理をいただくことが出来ます。どこか懐かしい家庭料理を中心としたほっこりとするお食事で心もお腹も満たされる事が出来るんです。

昭和グルメとご当地グルメが楽しめる

まず、ご紹介したいのは何と言っても昭和を感じさせるお料理の数々です。

レトロプレート1,380円(税込)はケチャップで味付けされたナポリタンの上にクリームコロッケ、目玉焼き、赤ウインナーなどが豪華に盛り付けられた大人のためのお子様ランチプレート。子供の頃に食べた以来という大人の方も童心に戻って懐かしの味をいただく事ができます。


昔ながらのライスカレー630円(税込)は昭和の家庭料理を代表するメニュー。

じゃがいもや人参がゴロッと入ったまさにお母さんが作ってくれたようなカレーは、ほっと安心する味。昭和の給食を思い出させる給食おやつ500円(税込)は揚げパンと三角牛乳のセット。

提供:玉川温泉提供:玉川温泉

小学生時代みんな大好きだった揚げパンと最近あまり見ることのなくなった三角牛乳は、まさにノスタルジーを感じさせるメニュー。三角牛乳には、入れるとコーヒー牛乳になる懐かしの「ミルメーク」もついていますよ。

他にも、昭和のハンバーグ定食1,080円(税込)やコロッケ定食730円(税込)など定食メニューも豊富。どこか懐かしさを感じさせる素朴な味わいが嬉しい昭和の味を堪能できます。

さらにたまがわ食堂では、ときがわ町周辺のご当地グルメも堪能できるんです!おすすめはときがわ町と玉川温泉のいいとこ取り「たまがわ花籠御膳1,680円(税込)」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

secott(@hippos3894)がシェアした投稿

ときがわ町産の野菜や、ときがわ町のお豆腐屋さんの豆腐など地元の食材をふんだんに使ったお料理と、玉川食堂で手作りされているぬか漬けと柚子カレーなどがいただけます。

まさに土地の恵を地産地消で堪能する事ができるメニューです。

他にも、深谷ねぎと埼玉県の養鶏場で取れた新鮮卵を使用した絶品の親子丼や、埼玉県産の小麦を使ったうどんと地元の野菜で作った天ぷらのセットなど。埼玉県にまつわる食材をたくさん使った、ここでしかいただけないご当地メニューが盛りだくさん。

ぜひ地元食材の美味しさを味わってみてください。

昭和の体験ができる

お食事を頂けるスペースにもこだわりがあります。

玉川食堂のお食事は休憩スペースでいただけるようになっており、そこはまさに昭和の住宅にタイムスリップしたかのような空間。

提供:玉川温泉提供:玉川温泉

畳の上にはちゃぶ台、冬にはコタツが並んでおりそこでお食事をいただく事ができます。

桐タンスや三面鏡などの家具から、壁のポスター、家電、湯呑みに至るまで昭和の住宅を見事に再現しています。昭和生まれの方は懐かしく、平成生まれの方は新鮮な気持ちでお食事を楽しむ事ができます。

温泉に入った後は売店で買い物を楽しもう

もちろん売店も昭和レトロが徹底されています!

提供:玉川温泉提供:玉川温泉

懐かしの駄菓子や、ベーゴマ、メンコなどがたくさん並んでおり、幼い頃に通った駄菓子屋さんを思い出させるような雰囲気。子どもの頃を思い出してついついたくさん買ってしまいたくなる。そんなワクワクする売店です。

お風呂上がりは懐かしい気持ちでお買い物はいかがでしょうか。

たくさんのご当地サイダー!

売店には驚くほど豊富な種類のサイダーが売られています。

その数なんと70種類以上!

特に注目なのはご当地サイダー。陸前高田市のマスカットサイダーや、千葉県の北総サイダーなど現地に行かなくても全国各地で売られている様々な味のサイダーを買う事ができます。

おすすめなのが、玉川温泉のご当地サイダー「玉川温泉サイダー(280円)」

こちらはときがわ町のクラフトジュースを製造している「ときがわブルワリー」が製造を手がけているそうで、地元で採れた柚子を使った爽やかな味わいが特徴のサイダー。地元の食材で地元の方が作るまさにここでしかいただけないご当地サイダーです。

温泉に入った後によく冷えたサイダー。おすすめの組み合わせです!

玉川温泉(埼玉県ときがわ町)周辺の施設をご紹介

遊び

玉川温泉周辺には、ぜひ立ち寄っていただきたいオススメのスポットがたくさんあります。温泉だけではなく、ときがわ町の魅力をたっぷりと堪能していくのはいかがでしょうか。

きっとまだ見ぬ埼玉県の魅力に触れることができます。

ふれあいの里たまがわ

 

この投稿をInstagramで見る

 

のラビたん(@n.tokigawa)がシェアした投稿

玉川温泉から車で5分程の距離にある「ふれあいの里たまがわ」は、地域おこしの拠点として平成18年にオープンした施設。

様々な地元の特産品や農作物などお買い物からアウトドア体験まで楽しめる要素が盛りだくさん。玉川温泉に訪れたらぜひ立ち寄っていただきたいスポットの一つです!

地元野菜や果物が買える

 

この投稿をInstagramで見る

 

粂川 進一(@kumesin)がシェアした投稿

ふれあいの里たまがわでは、地元で採れた野菜や果物を買う事ができます。

毎朝、近隣の農家さんが採れたての新鮮な野菜を持ってきてくれるため、直売所には種類豊富なときがわ町の農産物が並びます。

そんな中でも注目なのは、ときがわ町の伝統野菜「埼玉青ナス」

メディアで紹介された事で知名度が上がりさらに人気の農産物となっている埼玉青ナスは、見た目は巾着型、普通のナスとは違い緑色をしており、しっとりとした食感が特徴です。煮物や焼きナス、また洋食にしても絶品で使い勝手が良いためいろいろな料理で活躍します。

ときがわ町の特産品をぜひ堪能して見てください。

川の広場バーベキュー場

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuya Katsuki(@kingprayer)がシェアした投稿

ふれあいの里たまがわでは、アウトドアも楽しむ事ができます。

近隣には清流都磯川と雀川が合流する場所があり絶好のバーベキュースポットとなっているんです。直売所も近くにあるため、そこで新鮮野菜を調達してすぐに調理していただく事も可能。地元野菜をその場で堪能できるのは何とも贅沢ですよね。

夏などのシーズンには多くの方が河原でバーベキューを楽しんでいます。

~事前予約があれば道具を持って行かずに楽しめる~

バーベキューというと何かと荷物や準備が大変なイメージがあるかと思いますが、こちらのバーベキュー場では、事前に予約をすることでバーベキューに必要な食材などを用意して頂けるんです。

また、バーベキューで出たゴミなども全て処理してもらうことができるので、後処理の心配も必要ありません。水道や水洗トイレも完備してありますので、便利に楽しむ事ができるのも魅力。玉川温泉を訪れた際には家族やお友達と手ぶらで気兼ねなくバーベキューを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ふれあいの里たまがわの詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒355-0342 埼玉県比企郡ときがわ町玉川4359-2
●アクセス
関越道東松山ICまたは嵐山小川ICより車で25分程
または、ときがわ町路線バス「ふれあいの里たまがわ」前より徒歩1分
●営業時間
9:00~17:30 (6月~8月)
9:00~17:00 (9月~5月)
●定休日
年末年始
●公式サイト
埼玉県ときがわ町 – ふれあいの里たまがわ

春日神社の杜

埼玉県指定のふるさとの森である「春日神社の杜」
ときがわ町を代表する神社の一つで、鎮守の杜として古くから人々に親しまれてきました。

玉川温泉付近の癒しスポット

玉川温泉より車で5分ほどの距離にある春日神社。

厳かな雰囲気の空間にアラカシやスダジイ、タブノキなどの常緑樹が繁り、冬でも豊かな緑を感じる事ができる春日神社の杜。

ここは昔の玉川地域の姿を今も残している貴重な森であると言われています。

壮大な自然を感じる事でリラックス効果も期待できるため、温泉に入った後などに訪れれば、さらなる癒しを得る事ができるのではないでしょうか。

春日神社のだんご投げ

春日神社を代表する行事に「だんご投げ」というものがあります。

毎年、2月11日ごろに行われるこの行事は氏子の方々が毎年お米を集めだんごを作りお供えをし、神様に供えられただんごをお祓いした後、一斉に参拝者に向かってだんごを投げるというもの。

一見すると驚いてしまうような行事ですが、そのだんごは縁起物とされ、参拝者は持ち帰り家内安全や五穀豊穣を願いだんごを食べる。という習慣があるんです。

古くから農業が盛んであったときがわ町ならではの伝統と言えます。

このように地元の方々からも愛され、伝統ある春日神社。玉川温泉に訪れた際には雄大な自然を感じにぜひ一度訪れてみることをおすすめします!

春日神社の詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒355-0342 埼玉県比企郡ときがわ町玉川4015
●アクセス
関越道東松山ICまたは嵐山小川ICより車で20分程
または、ときがわ町路線バス「ふれあいの里たまがわ」前より徒歩10分
●公式サイト
– 埼玉県ときがわ町 – 春日神社の杜

陶芸ケロッグ

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩﨑 祥子(@moka___sa)がシェアした投稿

温泉と一緒に陶芸体験をしてみるというのはいかがでしょうか。

こちらは、玉川温泉から車で4分ほどの場所にある陶芸教室です。自然豊かなときがわ町の地元の方から、観光客の方も訪れる人気のスポットです。

陶芸体験ができる

 

この投稿をInstagramで見る

 

ハルコ 吉野(@haruko120)がシェアした投稿

「自分で作ったものを日常生活で使う楽しさを味わってほしい」という想いのもと、ものづくりの楽しさを感じる事ができる陶芸体験。粘土を捏ねるところから体験ができるため、自分だけのマグカップや、お茶碗、お皿など愛着の湧く作品を作る事ができます。

また、ケロッグの陶芸体験はフリータイム制で行なっており、時間制限なくゆっくりと納得の行くまで作品作りに没頭する事ができます。

陶芸を一度もやった事がないという初心者の方でも、親切丁寧にレクチャーをしていただけますので安心して挑戦して見てください。ときがわ町を訪れた最高の思い出を形にして持って帰る事ができる陶芸ケロッグ。

料金は3000円からで、ご利用の際は必ずご予約の上お越しください。

陶芸ケロッグの詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒355-0343 埼玉県比企郡ときがわ町五明761-1
●アクセス
関越道東松山ICまたは嵐山小川ICより車で20分程
玉川温泉より車で4分。徒歩25分ほど。
●営業時間
10:00~18:00 (最終受付)
●定休日
水・木
●参考サイト
【陶芸ケロッグ】予約・アクセス・割引クーポン

堂平天文台「星と緑の創造センター」

 

この投稿をInstagramで見る

 

りこりす(@holiday_camp8)がシェアした投稿

ここはときがわ町の大自然の中でキャンプや、星空観望、トレッキングなどを楽しめる施設です。

敷地内には、ログハウスやモンゴル式テント(ゲル)、バンガローなど普段は経験できない世界の住居を再現した宿泊施設が建ち並びます。子供連れの家族などでのご利用が人気で、バーベキューもする事ができるので玉川温泉を訪れた帰りにこちらで宿泊して行くのもおすすめです。

ときがわ町から眺める満天の星空

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミナ(@mistero7474)がシェアした投稿

堂平天文台「星と緑の創造センター」では絶景の星空と夜景をみる事ができます。普段、街中に住んでいるとなかなか見ることのできない星が、ここときがわ町では満天の星空として楽しむ事ができるんです。

また、施設内にある天文観測所「堂平観測所ドーム」では月2回、星空観望会が行われています。観測所にある大きな望遠鏡を使い宇宙のあらゆる天体を観測する事ができます。

夏休みなど家族で訪れれば、一生忘れられない貴重な思い出となるのではないでしょうか。

※現在は新型コロナウイルスの影響で星空観望会は中止しています。再開などの詳細はお問い合わせください。

堂平天文台「星と緑の創造センター」の詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒355-0366 埼玉県比企郡ときがわ町大野1853
●アクセス
関越道東松山ICから1時間、嵐山小川ICより車で50分ほど
●営業時間
9:30~17:30 (3月~10月)
9:30~16:30 (11月~2月)
●定休日
12月25日~2月末まで休業
●参考サイト
– 埼玉県ときがわ町 – 堂平天文台「星と緑の創造センター」

関連記事 ドライブやデートにおすすめ!埼玉の夜景【8選】

埼玉県ときがわ町の玉川温泉で心も体も癒されよう!

まるで昭和にタイムスリップしたかのようなひと時を過ごす事ができる玉川温泉。

ただ温泉に浸かりに行くだけではなくレジャー施設のようなワクワクできるスポットとして休日のお出かけに人気を集めています。ぜひ家族やお友達と、心も体も癒されに玉川温泉へ行ってみてはいかがでしょうか。

また、ときがわ町には温泉以外にも見所がたくさんあるので一緒に訪れて、町の名所を堪能して行ってください。きっとまだあなたの知らない埼玉県の魅力を知る事ができますよ!

温泉
温泉
喫茶店
夜景
ABOUT USこの記事を書いた人