小川町のカフェ~行ってみたくなるおしゃれなお店4選

コーヒー

比企郡小川町は、山と川に囲まれた自然豊かで静かな街です。

そんな小川町には、知る人ぞ知る個性的ですてきなカフェがそろっています。

本記事では、小川町のおすすめのカフェをご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

※掲載内容は執筆当時のものです。最新情報は事前にご確認ください。

分校の一角を改装したノスタルジックな雰囲気が魅力

分校カフェ MOZART(モザート)

 

この投稿をInstagramで見る

 

分校カフェMOZART(@mozart_ogawa)がシェアした投稿

まず紹介するのは、「分校カフェ MOZART(モザート)」です。

2011年に廃校となった小川小学校旧下里分校の用務員棟をリノベーションし、ノスタルジックな雰囲気が漂う、すてきなカフェに生まれ変わりました。緑に囲まれたあたたかい木造校舎のカフェは、多くの人から愛されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

分校カフェMOZART(@mozart_ogawa)がシェアした投稿

定食メニューには、小川町の有機農家さんのオーガニック野菜を使用。色とりどりのおかずが銀色のプレートに盛りつけられており、小学生のころに食べた給食を思い出します。定食にはドリンクもセットで付いてきますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

分校カフェMOZART(@mozart_ogawa)がシェアした投稿

給食の定番、揚げパンとコッペパンもいただけます!

校庭にはブランコやジャングルジムなどの遊具が残っているので、子どもを思い切り遊ばせることができます。子ども向けのイベントも随時開催されており、親子連れにもおすすめです。

春には校庭に桜が咲きます。テラス席もあるので、桜が満開になる時期にはお花見をしながらお食事も可能です。

懐かしい雰囲気を楽しめる、分校カフェ MOZART。次の休日は、子どものころを思い出し、タイムスリップ気分を味わってみませんか?

料金例(税別)

日替わり下里定食(飲物付き)1,450円
平飼い卵のコッペパンサンド定食(飲物付き)1,300円
揚げパン定食(飲物付き)1,200円

詳細情報

所在地  比企郡小川町下里824
アクセス  各線「小川町駅」からバスで10分
※関越道「嵐山小川IC」から車で約10分
駐車場  あり
営業時間  11:00~16:00(L.O.15:00 )
定休日  金
電話番号  0493-81-3015
サイト  分校カフェ MOZART
SNS  分校カフェ MOZART
SNS  分校カフェ MOZART

築100年の石蔵に週末だけオープンするカフェ♪オーガニック野菜を使ったランチも

Brown Rice Café Weekends(ブラウンライスカフェウィークエンズ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

NESTo(@coworkinglobby_nesto)がシェアした投稿

次に紹介するのは、小川町駅より徒歩4分の「Brown Rice Café Weekends(ブラウンライスカフェウィークエンズ)」。コワーキングロビー「NESTo」の中に、週末にだけオープンするカフェです。

ベジタリアン・ヴィーガン対応のメニューや、小川町で育ったオーガニック野菜を使ったランチメニュー、オリジナルのデザートなどが用意されています。植物性のお食事がお好みの人もお肉が好きな人も、安心してお食事を楽しめますよ。

ランチプレートの中身は、週ごとに少しずつ変わります。「来週はどんなメニューかな?」とワクワクしますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

harajiroclub(@acorn_three)がシェアした投稿

ドリンクメニューのイチオシは、自社製造のオーガニック焙煎玄米ラテ。ミルクは数種類から選択できます。コーヒーのように香り高く、チョコレートのように深く芳醇で、ほかのドリンクにはない味わいです。

「無料カフェ」という非常に興味深い取り組みも行っています。困っている人に無料でお食事プレゼントするという、思いやりにあふれたサービスです。

ただお食事を提供するだけでなく、苦しんでいる人に手を差し伸べ、「お食事で人を元気にする」というスタンスが素敵ですね。

公式LINEからお問い合わせ・相談ができるので、困ったときにはブラウンライスカフェウィークエンズのことを思い出してくださいね。

基本的には土曜日・日曜日の営業ですが、NESToでイベント開催されているときには休業の場合があります。公式Instagramで営業日をお知らせしているので、お出かけ前にご確認ください。

料金例

キーマカレー  1,200円
ローストポークサンド  1,200円
ベジタブルグリーンカレー  1,000円

詳細情報

所在地  比企郡小川町大塚7-4
アクセス  各線「小川町駅」から徒歩4分
駐車場  あり
営業時間  土・日 11:00~18:00(L.O.17:00)
定休日  月~金
SNS  Brown Rice Café Weekends

トッピングたっぷりのクレープが人気のリーズナブルなカフェ

F ALLONE(エフ アローン)

続いて、小川町駅から徒歩30秒の「F ALLONE(エフ アローン)」を紹介します。こちらのカフェを運営するのは、ゲームや携帯アクセサリの製造・販売を行っている「株式会社アローン」。

「駅前に魅力ある場所を」という小川町在住の代表の想いから、2018年にF ALLONEがオープンしました。

提供:F ALLONE
提供:F ALLONE

人気メニューは、フルーツがたっぷりトッピングされたクレープです。まるでパフェのように盛り付けられていますが、お値段はとてもリーズナブル!(トッピングのフルーツは、季節により変わります。)

ふわふわの生クリームは甘さ控えめ。ボリューム満点な見た目にもかかわらず、最後まで美味しく食べられます。

提供:F ALLONE
提供:F ALLONE

デザートだけでなく、ランチメニューも充実しています。ハンバーグにチキングリル、ポークグリル、カレーなど、バリエーション豊富です。

お食事からデザートまで、ここで一気に楽しめますね。

FreeWi-Fiや電源も備わっているので、カフェでゆったり作業をしたいリモートワーカーさんにもおすすめですよ。

料金例(税込)

チョコバナナクレープ  580円
ショコラアイスクレープ  680円
ロコモコ  850円

詳細情報

所在地  比企郡小川町大塚1175-1
アクセス  各線「小川町駅」から徒歩30秒
駐車場  あり(カサマ駅前第二パーキング40番 駐車場1台のみ)
営業時間  10:00~18:00(L.O.17:30)ランチ11:00~14:30
定休日  日・月
電話番号  0493-59-8488
SNS  F ALLONE

美味しいハンバーグや自家製ケーキが味わえる

Sunny Place Cafe

 

この投稿をInstagramで見る

 

sunny place(@sunny_place_0626)がシェアした投稿

最後に「Sunny Place Cafe」をご紹介します。特製ソースのハンバーグや自家製ケーキが自慢のお店です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sunny place(@sunny_place_0626)がシェアした投稿

ハンバーグプレートにはお野菜もたっぷりと添えられていて、彩りが美しいですね。

スイーツメニューは全部で7種類。こちらはバスクチーズケーキです。ほろ苦いカラメルソースが、濃厚でクリーミーなチーズケーキとマッチします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sunny place(@sunny_place_0626)がシェアした投稿

Sunny Place Cafeでは、カフェメニューだけでなく、雑貨やお花・お洋服の販売も行っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sunny place(@sunny_place_0626)がシェアした投稿

こちらは空気除菌・消臭効果が期待できるフレグランスランプです。宝石みたいでとてもきれいですね!

クリスマスシーズンにはイルミネーションはオーナメントが飾られ、メルヘンチックなかわいらしい雰囲気を放っています。

おいしいお食事はもちろん、インテリアや雑貨が好きな人はぜひ足を運んでみてください。

2022.8月現在は、感染症対策のため店内での飲食は中止し、テイクアウトのみの販売です。テイクアウトメニューは電話で予約できますよ。

特製ハンバーグやリブロースをはじめとしたテイクアウトメニューは全部で6種類。それに加えて6種の自家製ケーキもテイクアウト可能です。最新情報は公式Instagramでお知ら
せされているので、こまめにチェックしてみてください。

詳細情報

所在地  比企郡小川町高谷1416-3
アクセス  関越道「嵐山小川IC」から車で約8分
駐車場  あり
営業時間  11:00~17:00
定休日  木・第3水曜
SNS  Sunny Place Cafe

小川町で穏やかなティータイムを

ケーキセット

本記事では、小川町にある個性あふれるおしゃれなカフェをご紹介しました。どのお店もランチメニューからデザートメニューまですべて魅力的ですね。

都会の喧騒に疲れたら、緑豊かな小川町で、穏やかなティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

小川町
カフェ
ランチ
直売所
ABOUT USこの記事を書いた人