【秩父日帰り観光】1日で楽しみ尽くせる充実プランはこれ!

長瀞ライン下りの様子

秩父は都心からのアクセスが良く、日帰りでも楽しめる観光地です。

今回はそんな秩父の日帰り観光プランをご紹介します♪秩父の名所観光から食べ歩き、お土産のお買い物まで、充実の6プラン構成です。

秩父旅行を計画している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

※掲載内容は執筆当時のものです。最新情報は事前にご確認ください。

旅の始まりは長瀞駅から

長瀞駅の風景

旅の始まりは、秩父鉄道「長瀞駅」からスタート。

池袋から出発する場合、まずは西武池袋線(特急)に乗り「西武秩父駅」へ行きます。

乗り換えのため5分ほど歩き、秩父鉄道「御花畑駅」へ。そこから約20分電車に揺られると「長瀞駅」に到着です。

大宮からは高崎線で「熊谷駅」まで行き、秩父鉄道へ乗り換えましょう。

景観あふれる長瀞岩畳を散策

まずは「長瀞駅」から徒歩4分ほどの場所にある、長瀞渓谷の「長瀞岩畳(いわだたみ)」を散策しましょう。

「長瀞岩畳」は長瀞の中心部に位置する観光名所。

長瀞岩畳の風景

地殻変動によって隆起した「結晶片岩」と呼ばれる岩が、荒川沿いにまるで畳のように広がっていることが特徴です。

岩といっても平らな部分が多いため、子どもから大人まで歩きやすいでしょう。

岩畳からは、長瀞という地名の由来にもなっている「瀞(川の流れが緩やかな場所)」を見渡せます。

荒川では、船頭がいる「長瀞ライン下り」も楽しめますよ。

長瀞ライン下りの様子

アクティビティをしながら、岩でできた絶壁「秩父赤壁」や、迫力のある「明神の滝」といった絶景を眺められるため、リフレッシュにぴったり。

自然豊かな「長瀞岩畳」で、ぜひ記念写真を撮ってみてくださいね。

料金例

長瀞渓谷  入場料無料
ライン下り Aコース(約3キロ・約20分)大人2,000円

詳細情報

所在地  秩父郡長瀞町長瀞
アクセス  秩父鉄道「長瀞駅」から徒歩4分
駐車場  なし
営業時間  9:00~16:00(長瀞ライン下り本部)
定休日
長瀞ライン下り  冬季休業あり
電話番号  0494-66-0950(長瀞ライン下り)
サイト  名所 | 長瀞町観光協会公式サイト

渓流

番場通りで食べ歩き

続いて、「長瀞駅」から電車に乗り秩父鉄道「御花畑駅」へ。駅からすぐの「番場通り」で食べ歩きを楽しみましょう。

番場通りは秩父神社へ続く表参道。大正時代に建てられたレトロな建築物や、整備された石畳も見どころです。

ここからは番場通りでぜひ立ち寄りたい、おすすめのお店を2選ご紹介します。

食彩秩父 じんじんばあ

御花畑駅から徒歩3分ほどの場所にお店を構える「食彩秩父 じんじんばあ」。

和風な建物と真っ赤なのぼりが目印です。ここでは奥秩父で獲れたジビエなど、秩父ならではの郷土料理をいただけます。

1番の人気メニューは「猪・鹿肉の串焼き」。

出典:食彩秩父 じんじんばあ
出典:食彩秩父 じんじんばあ

低温調理で丁寧な下処理がされているため、歯切れがよいことが特徴です。お店特製のタレがかかっていて食べ応えがありますよ♪

また、秩父名物のB級グルメ「みそポテト」も見逃せません。

出典:食彩秩父 じんじんばあ
出典:食彩秩父 じんじんばあ

ほくほくと柔らかいじゃがいもに、甘辛い味噌がたっぷりとかかった一品です。

できたての温かいうちに味噌とじゃがいものマリアージュを堪能しましょう!

料金例

猪肉の串焼き  700円
鹿肉の串焼き  700円
みそポテト  400円

詳細情報

所在地  秩父市番場町17-15
アクセス  秩父鉄道「御花畑駅」から徒歩3分
駐車場  なし
営業時間
平日  11:00~
土日祝  10:00~
※閉店時間はお問い合わせください
定休日  火
電話番号  0494-26-6878
サイト  食彩秩父 じんじんばあ
SNS  
食彩秩父 じんじんばあ

ジビエ料理

秩父芋菓子専門店 芋うらら

「秩父芋菓子専門店 芋うらら」は、御花畑駅から徒歩3分の場所にある芋菓子の専門店です。

メニューには秩父産の「太白芋(たいはくいも)」を使用。近年は栽培が少なくなり「幻のサツマイモ」とも呼ばれる珍しいお芋です。

太白芋の甘くねっとりとした食感を活かした、さまざまな芋菓子が揃っていますよ♪

その中でも人気ナンバー1は「いもんぶらん」です。

出典:秩父芋菓子専門店 芋うらら
出典:秩父芋菓子専門店 芋うらら

注文後に目の前で絞ってもらえるため、ライブ感も楽しめるスイーツ。

たっぷりと絞られた芋のペーストの中には、ひんやりとおいしいアイスクリームが入っています。

蜜が贅沢にかかった「蜜いもソフト」も人気商品です。

出典:秩父芋菓子専門店 芋うらら
出典:秩父芋菓子専門店 芋うらら

甘辛い大学芋とソフトクリームの相性が抜群ですよ。お芋好きな方はぜひ「秩父芋菓子専門店 芋うらら」に立ち寄ってみてくださいね。

料金例

いもんぶらん  800円
蜜いもソフト  680円

詳細情報

所在地  秩父市番場町19-3
アクセス  秩父鉄道「御花畑駅」から徒歩3分
駐車場  あり(14台)
営業時間  10:00〜17:00
定休日  火
電話番号  0494-53-9211
サイト  秩父芋菓子専門店芋 うらら
SNS  秩父芋菓子専門店芋 うらら
SNS  
秩父芋菓子専門店 芋うらら
SNS  
秩父芋菓子専門店 芋うらら

秩父の市街地風景

パワースポットと名高い秩父神社へ

番場通りから秩父駅方面に向かって歩いていくと、「秩父神社」が見えてきます。

秩父神社は歴史的に秩父の総鎮守とされ、パワースポットとしても名高い神社です。

現在の社殿は徳川家康によって手がけられたと伝えられており、埼玉県の有形文化財に指定されています。

四柱の神が祀られている本殿は、さまざまな社殿彫刻も見どころです。

提供:秩父神社
提供:秩父神社

例えば、ご本殿に向かって左側に位置する「お元気三猿(おげんきさんさる)」は「よく見て・よく聞いて・よく話す」として人々から親しまれています。

日光東照宮の「三猿」とはまた違った猿の表情を見ることができますよ。

提供:秩父神社
提供:秩父神社

また、有名な彫刻師である「左甚五郎」の作品といわれている「つなぎの龍」も人気です。

色鮮やかで迫力のある龍の姿を間近で見てパワーを感じましょう。

料金例

祈願料  5,000円~

詳細情報

所在地  秩父市番場町1-3
アクセス  西武鉄道「秩父駅」から徒歩3分
駐車場  あり
営業時間
神札授与所  8:30~17:00
定休日  なし
電話番号  0494-22-0262
サイト  秩父神社
SNS  
秩父神社

秩父神社の神門

安田屋 日野田店で遅めのランチを味わう

秩父神社参拝後は、秩父鉄道「秩父駅」から「御花畑駅」まで移動し、徒歩で「安田屋 日野田店」へ。

少し遅めのランチをいただきましょう。安田屋 日野田店は行列ができるほど大人気のかつ丼屋さんです。

メニューはなんと秩父名物の「わらじかつ丼」のみで、かつの枚数を1枚か2枚から選べます。

秩父名物のわらじかつ丼

「わらじかつ」とは、まるでわらじのように大きなかつのこと。

ご飯の上に大きなかつが重ねられボリューム満点ですよ。サクサクとしてやわらかいかつに、お店特製の甘辛いタレがかかっていてご飯が進みます。

口コミでも「並ぶ価値がある」と好評の「安田屋 日野田店」で、絶品かつを味わいましょう。

料金例

わらじかつ丼 1枚  980円
わらじかつ丼 2枚  1,200円

詳細情報

所在地  秩父市日野田町1-6-9
アクセス  西武秩父線「西武秩父駅」から徒歩15分
駐車場  あり(6台)
営業時間  11:30~17:00(L.O. 16:30)
定休日  月
電話番号  0494-24-3188
参考  安田屋 日野田店 | 食べログ

わらじかつ

羊山公園で絶景を満喫

ランチを終えた後は、約15分お散歩しながら「羊山公園」へ。四季折々の自然に囲まれ、絶景を満喫できる公園です。

4月中旬から5月上旬の見どころは、広大な斜面を覆う「芝桜」。

「芝桜の丘」の風景

「芝桜の丘」ではピンク色の「紅音(あかね)」や白色の「モンブラン」など、10種類の芝桜の品種を見渡すことができますよ♪

高台にある「見晴しの丘」は秩父の中心街を一望できる絶景スポット。

「見晴しの丘」から一望できる秩父中心街の風景

秩父の山並みも美しく、思わず写真を撮りたくなります。

また、「ふれあい牧場」では「羊山公園」の名前の由来にもなった羊を飼育しています。もこもことした羊の可愛らしい姿に癒されてくださいね。

入園料

芝桜の見頃の時期のみ(※入園料がかかるのは芝桜の丘と特産市)
300円(8:00~17:00まで)
※中学生以下無料

詳細情報

所在地  秩父市大宮6360
アクセス  西武秩父線「西武秩父駅」から徒歩20分
※関越道「花園IC」から車で約50分
駐車場  あり
開園時間  常時開放
休園日  なし
電話番号  0494-26-6867(秩父市役所地域整備部都市計画課)
サイト  秩父市役所
SNS  
秩父市観光課

祭の湯で秩父名物をお土産に

提供:西武レクリエーション株式会社
提供:西武レクリエーション株式会社

羊山公園から徒歩で西武秩父駅へ向かうと、駅前に日帰り温泉「西武秩父駅前温泉 祭の湯」があります。

祭の湯は温泉施設でありながら、秩父名物が味わえるフードコートや複数のお土産店があり、旅の締めくくりにもぴったりな場所なんです。

提供:西武レクリエーション株式会社
提供:西武レクリエーション株式会社

広々とした物販エリア「ちちぶみやげ市」では、「ちちぶ餅」「しゃくしな漬」などの秩父名物や、秩父産の旬の野菜が揃います。

「酒匠屋台」は地酒やワインなどが充実しているお酒の専門店です。

「秩父おなめキュウリ」といったおつまみをいただきながらお酒をたしなめる「角打ちエリア」も用意されています。

祭の湯は西武秩父駅の改札からも近いため、帰りの電車までじっくりとお土産を選ぶことができますよ。

ぜひ「祭の湯」で思い出に残る品を見つけてみてくださいね。

料金例

-ちちぶみやげ市(物販エリア)
入場料  無料
秩父おなめキュウリ  280円

詳細情報

所在地  秩父市野坂町1-16-15
アクセス  西武秩父線 「西武秩父駅」駅前
駐車場  あり(39台)
営業時間
ちちぶみやげ市  9:00~18:30
酒匠屋台  10:00~18:30
※土日祝は19:30まで営業
定休日  なし
電話番号  0494-22-7111
サイト  西武秩父駅前温泉 祭の湯

温泉

秩父日帰り観光で心身ともにリフレッシュしよう!

秩父市街地の風景

秩父の日帰り観光として、自然豊かな名所観光→食べ歩き→神社参拝→人気店での昼食→絶景を望める公園→お土産選びという、充実の6プランをご紹介しました。

秩父は東京からもアクセスが良いため、日帰り観光にぴったりです。

ふらっと旅に出かけたい、1日でリフレッシュしたいというときには、ぜひ本記事を参考に秩父へ訪れてみてくださいね。

秩父番場通りの風景(出典:pixta.jp)
登山風景
秩父の美しい景観
ABOUT USこの記事を書いた人