【埼玉県秩父市】で人気の温泉宿、旅館をご紹介!

旅館イメージ

秩父(ちちぶ)といえば、関東随一の芝桜や長瀞(ながとろ)の美しい渓谷など、雄大な自然が何と言っても魅力です。西武鉄道の特急ラビュー・レッドアロー号が池袋駅から西武秩父駅を結んでおり、東京都内からも気軽に遊びに行ける観光地です。

秩父を訪れる際には、自然に触れながら泊まれる温泉宿でゆっくりとした時間を過ごすのはいかがでしょうか。この記事では、秩父で人気の温泉宿、旅館をご紹介します。

※掲載内容は執筆当時のものです。最新情報は事前にご確認ください。

【埼玉】秩父で露天風呂付客室があるおすすめの旅館をご紹介

温泉イメージ

せっかく秩父に来たら、ゆっくりと自然を眺めながら入れる露天温泉に浸かりたいですよね。

こちらでは、露天風呂付客室があるおすすめの旅館を4つピックアップしてご紹介します。

秩父温泉はなのや

 

この投稿をInstagramで見る

 

@luciferr.333がシェアした投稿

「秩父温泉はなのや」は、かつての奥秩父温泉郷旅館白雲荘を2014年にリニューアルした温泉宿です。秩父の山々に囲まれた静かな環境で、日頃の疲れをゆっくりと癒せます。全客室が趣の異なる造りになっており、しかも完全にプライベートの露天風呂付き。なんとも贅沢な温泉旅館なのです。

瓦屋根をくぐって石畳を歩き、ロビーに入るとまず目に入るのは美しく生けられたお花。「館内で寛いでいるときも秩父の四季を感じて欲しい」という、はなのやの名前にふさわしい心のこもったサービスです。希望をすれば、お部屋に好みの花を飾ってくれますよ。

テレビ番組で使用された人気のお部屋も

 

この投稿をInstagramで見る

 

K.K(@m.k_k.k)がシェアした投稿

趣向を凝らされた部屋は1室1室どれをとっても個性的。

「武甲」と名がつけられた特別室は古民家を移築して作られ、囲炉裏と大きな梁(はり)が特徴です。お部屋にいるとまるで昔にタイムスリップしたよう。テレビ番組の撮影にも使われたこともある、はなのや自慢のお部屋です。

個室の露天風呂だけでなく、もちろん大浴場も完備しています。

お部屋はもちろん無線LAN完備。浴衣の柄、移動に便利な手提げかご、女性にうれしいスキンケア用品まできめ細やかなサービスが心地よい宿泊を約束してくれます。

希望をすれば秩父鉄道武州日野駅まで送迎をしてくれます。駐車場を完備しているので車での来館も可能ですよ。

秩父温泉はなのやの詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒369-1803 埼玉県秩父市荒川日野542(道の駅あらかわ裏)
●アクセス
<車>関越道花園ICから車で約40分
<電車>秩父鉄道武州日野駅から徒歩約15分
●電話番号
0494-54-2654
●公式HP
ちちぶ温泉はなのや – 秩父 花と湯のおもてなしの宿

和銅鉱泉旅館 ゆの宿 和どう

 

この投稿をInstagramで見る

 

HIRO(@tennshitoakuma)がシェアした投稿

「和銅鉱泉旅館 ゆの宿 和どう」は、秩父七湯(ちちぶななとう)の中で最も歴史がある和銅鉱泉「薬師の湯」に入れる旅館です。和銅鉱泉は、武田信玄公が和銅金山を始めた当時に開業したと伝えられている歴史のある温泉地なのです。

かつて、こちらの鉱泉を近郷の人々が切傷や目薬に使用していたことから、「薬師の湯」と呼ばれています。

和どうは荒川の支流横瀬川に面している緑豊かな環境に位置しています。客室に入れば、開放的なお部屋のテラスから川のせせらぎや野鳥のさえずりが聞こえてきます。

3つのタイプの露天風呂付き客室

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuya Kaneko(@kp_kaneko)がシェアした投稿

和どうは本館「そよかぜ」と別館「せせらぎ」を合わせて14室あり、どのお部屋も横瀬川に面しており、露天風呂が完備されています。露天風呂はお部屋によって異なり、木風呂・岩風呂・陶器風呂の3つのタイプが用意されています。

どのお風呂も十分な広さがあり、大人2人で入っても余裕のサイズ。ご家族で宿泊する場合も、お子様と一緒に周りを気にせず入浴できるのがうれしいですね。

大浴場は、秩父蛇紋石を使用した「岩風呂」と古代ヒノキを使用した「ひのき風呂」の2種類。毎日23時に男湯と女湯が入れ替わりますので、宿泊すれば両方のお風呂を楽しめますよ。湯はアルカリ性の無色透明。さらりとした触感が特徴でデリケート肌の人にも安心です。

周辺の観光スポットとして、日本初の自然銅が採掘された「和銅遺跡」と、銭神様の名前で親しまれている「聖神社」があります。川でお金を洗うと金運上昇効果が期待できるとか。和どうを訪れた際には、金運アップ祈願も併せてしてみてはいかがでしょうか。

和銅鉱泉旅館 ゆの宿 和どうの詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒368-0001 埼玉県秩父市黒谷813
●アクセス
<車>花園ICから国道140号~皆野寄居有料道路経由で約30分
<電車>秩父鉄道黒谷駅下車から徒歩約15分
●電話番号
0494-23-3611
●公式HP
ゆの宿 和どう

関連記事 【埼玉県】秩父でおすすめの日帰り温泉をご紹介!!

農家屋敷 宮本家

 

この投稿をInstagramで見る

 

hrykaaaaa80(@hrykaaaaa80)がシェアした投稿

「農家屋敷 宮本家」は秩父郡小鹿野町に位置します。300年の歴史があるお屋敷を改装して造られた温泉旅館で、1日に宿泊できるのは6組限定。都会の喧騒を離れ、静かな里山の限りなくプライベートな空間で日々の疲れを癒せる「おもてなし旅館」なのです。

宮本家の十二代当主は、2012年まで活躍していた大相撲の元幕内力士。宮本家を経営する一家の長男として生まれた現当主は、引退後は実家に戻り、修行の後に宮本家を引き継いだのです。

元力士ならではのアイディアで生まれた「当主直伝農家屋敷風ちゃんこ鍋」は、世界でここしか味わえない名物料理です。

瓦屋根の立派な門構えに掲げられた茶褐色ののれんをくぐって屋敷に入ると、どこか懐かしく、家に帰ってきたかのような落ち着いた空間が広がります。

フロントでは、屋敷の中でゆったりとくつろげるよう浴衣、帯、草履を選ぶことができます。「力士浴衣」も用意されているので、力士になった気分で羽織ってみても楽しいですね。

半露天風呂付き客室

 

この投稿をInstagramで見る

 

Natsuko(@manatsu2016)がシェアした投稿

宮本家の宮大工仕立て別邸には、全室半露天の陶器風呂付き客室が用意されています。

お風呂は庭園に面しており、景観をひとり占めしながら時間を気にせずゆっくりと入浴できます。客室のお風呂以外にも、屋敷内には貸切で入れる様々なお風呂が用意されています。特に、薪で沸かして入る本物の五右衛門風呂は全国でも希少です。

宮本家の源泉は「般若の湯」と呼ばれる良質なアルカリ性温泉。柔らかな浸かり心地です。宮本家には、蔵をそのまま改装して造られたバー「蔵bar」があり、食前酒を楽しむこともできます。果実酒や地元のウイスキーなど、珍しいお酒が用意されていますよ。

プライベートな空間と心のこもったおもてなしで、帰る頃には身も心も温まります。

農家屋敷 宮本家の詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒368-0102 埼玉県秩父郡小鹿野町長留510
●アクセス
<車>関越道花園ICから車で約50分
<電車>西武秩父駅下車後、西武バス小鹿野行き「松井田」バス停下車、徒歩5分
●電話番号
0494-75-4060
●公式HP
宮本家 いろりで田舎料理が食べれる古民家・秩父の温泉旅館

新木鉱泉

 

この投稿をInstagramで見る

 

haru(@wanko_haru)がシェアした投稿

「新木鉱泉」は、江戸時代文政10年(1827年)より秩父七湯のひとつ「御代の湯」の名で親しまれ、秩父札所巡りの門前宿として古くから営まれてきた旅館です。

泉質は「単純硫黄冷鉱泉」、湯質が肌に良いことから女性に人気があります。別名「美人の湯」や、肌が卵のようにつるっとすることから「卵水(たまごみず)」とも呼ばれています。

新木鉱泉は、建物に足を踏み入れた瞬間から歴史ある旅館の雰囲気を感じ取ることができます。フロントは開放的な吹き抜けになっており、古い柱や梁などはそのままの状態のものが多く残され、当時を思わせます。

4つのタイプの露天風呂付き客室

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masahiko Takeoka(@masa.cx8)がシェアした投稿

新木鉱泉の自慢は4つのタイプの露天風呂付き客室です。

「いちいの間」には石と木のお風呂、「もみじの間」には信楽焼の陶器風呂、「ひのきの間」にはひのき風呂、そして「せせらぎの間」には御影石のお風呂と、それぞれ異なる風情を楽しめます。

客室のお風呂からは渓谷や山の緑を臨むことができ、四季折々の秩父の表情を間近に感じられます。

お部屋の露天風呂でゆっくり温まったあとは、地元の旬の野菜や川魚をふんだんに使った夕食もお部屋の中で楽しめます。お風呂もお食事も周りを気にせずプライベートな空間で楽しみたい方におすすめの温泉旅館です。

新木鉱泉の詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒368-0004 埼玉県秩父市山田1538番地
●アクセス
<車>関越道花園ICから車で約35分
<電車>西武秩父駅下車後、西武バス定峰行き「金昌寺」バス停下車、徒歩4分
●電話番号
0494-23-2641
●公式HP
新木鉱泉 公式Webサイト | 秩父 温泉 露天風呂付客室

【埼玉】秩父 長瀞で人気の旅館をご紹介

国指定名勝・天然記念物の長瀞渓谷を有する長瀞は埼玉県を代表する観光名所です。ライン下りや岩畳(いわだたみ)見物などのアウトドアの観光が人気です。

観光を楽しんだあとは長瀞の自然を楽しみながら宿泊できる露天風呂付き温泉宿はいかがですか。こちらでは長瀞で人気の温泉旅館を3つピックアップしてご紹介します。

花のおもてなし 長生館

 

この投稿をInstagramで見る

 

斉藤久美子(@kumiko.kureome)がシェアした投稿

花のおもてなし 長生館は1915年に創業した100年以上の歴史がある温泉旅館です。すべての客室が庭園と荒川に面し、窓からは長瀞渓谷の岩畳を臨ことができます。秩父鉄道長瀞駅から徒歩3分の好立地なので、車がなくてもアクセスしやすい旅館です。

エントランスの立派な赤松は長生館のシンボルで、創業時から長生館の利用客を出迎えてきました。そのほかにも季節の花々が植えられ、「花のおもてなし」の名の通り、目を楽しませてくれます。

長瀞の自然な景色が楽しめる露天風呂付客室

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuriko Nakajima(@yuriko_nakajima1022)がシェアした投稿

長生館の客室はいずれも落ち着いた趣のある和室です(1室のみ洋室)。すべての客室からは長瀞渓谷の風景を楽しむことができ、特に山に西陽があたる夕方の時間は絶景です。

長生館の露天風呂付客室は1階の14畳和室。ご夫婦やカップルにちょうど良い広さ。落ち着いた雰囲気の和室には、窓際から外を眺められるよう椅子が2脚置かれています。

ベランダに出ると、約6畳のお月見台テラス、そして真っ白な陶器の露天風呂があります。露天風呂に浸かりながら、長瀞の山並みと星空を見渡せるように屋根は付いていません。時間を気にせず思う存分にリラックスできるプライベートな寛ぎの空間です。

長生館の露天風呂付客室は1室のみですので、早めの予約がおすすめです。

花のおもてなし 長生館の詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞449
●アクセス
<車>関越道花園ICから車で約30分
<電車>秩父鉄道長瀞駅から徒歩3分
●電話番号
0494-66-1113
●公式HP
長瀞旅館「花のおもてなし 長生館」

花湯別邸

花湯別邸は2019年11月にオープンした岩盤浴と天然温泉を満喫できるホテルです。

宿泊料金の中にホテル内での食事、ドリンク(アルコール含む)、岩盤浴、カラオケなどの娯楽など、すべての施設利用料金が含まれている「オールインクルーシブ」スタイル。チェックアウトまで、お財布を気にせずに滞在することができます。

エントランスに入るとまず目に飛び込んでくるのは広々としたロビー。豪華な絨毯が敷かれ、現代的でスタイリッシュなウェルカムラウンジに足を踏み入れれば贅沢な非日常にすぐに酔いしれてしまいそうです。

花湯別邸の湯は「美肌の湯」と呼ばれ、自家源泉「国済寺温泉」を運搬して使用しています。「美肌の湯」には、重炭酸ソーダとメタケイ酸を多く含み、古い角質や皮脂に溶け込んだ汚れを落とし保湿する効果があり、まるで化粧水のようにお肌の調子を整え柔らかくしてくれます。

1日7室限定の客室

 

この投稿をInstagramで見る

 

ℯℴ (@keeeiikooo)がシェアした投稿

花湯別邸の客室は1日7室限定です。和モダンの落ち着いたデザインは、新感覚でありつつもシックで落ち着いた大人の空間です。全部屋に窓側で足を伸ばしてリラックスできるカウチソファが付いており、荒川の四季折々の風景をのんびりと眺めることができます。

和室だけでなく、ベッドタイプと洋室・和洋室が豊富なので「和室に泊まりたいけどベッドで寝たい」というニーズにも答えてくれます。ベッドはフランスベッド社のマットレスを使用し、安眠を約束してくれます。

花湯別邸の詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒369-1304 埼玉県秩父郡長瀞町本野上47-1
●アクセス
<車>関越道花園ICから車で約25分
<電車>秩父鉄道野上駅より徒歩約10分
●電話番号
0494-69-0087 
●公式HP
花湯別邸|秩父長瀞温泉 大人の隠れ癒し宿

小さなホテル セラヴィ

 

この投稿をInstagramで見る

 

✩.*˚(@wanderhk777)がシェアした投稿

小さなホテル セラヴィは、まるで別荘のようなたった5部屋の小さなホテルです。アンティーク調の館内、60種類もの野菜を盛り込んだ朝食と夕食、緑に囲まれ、落ち着いたアットホームな空間が特徴です。

セラヴィは、2万坪ほどの広さのキャンプ場内にあります。ホテルのすぐ裏には荒川が流れ、夏はライン下りで賑わいます。ホテル周辺をのんびりと散策するのも気持ちが良くおすすめです。

セラヴィの貸切大露天風呂は、長瀞温泉に加えマイナスイオンを多く放出する天然鉱石「ブラックシリカ」が投入されています。体が良く温まり、湯上り後も体がポカポカとしています。

自慢なのは温泉だけではありません。アンティーク家具とステンドグラスで彩られたレストランで提供されるセラヴィの食事も思い出に残る宿泊を演出します。食事は和食が中心。

朝食には、コシヒカリを改良した米の品種「ミルキークイーン」に合う多彩な料理が並びます。夕食には、地場野菜を中心に使用した月替わりの会席料理です。セラヴィオリジナルの「野菜味噌」は、お土産として販売されるほど人気です。

露天風呂客室が3種類

 

この投稿をInstagramで見る

 

@r.b.tuneがシェアした投稿

セラヴィには趣が異なる客室が5つ用意されており、そのうちの4部屋に露天風呂が付いています。

どのお部屋もアンティークの調度品に囲まれ、まるで住むように滞在を楽しむことができます。

秩父連山を眺められるお部屋、荒川の緑に囲まれたお部屋、ライトアップした幻想的な竹林を眺められるお部屋など、どのお部屋に宿泊しようか迷う時間も楽しいホテルです。

小さなホテル セラヴィの詳細はこちら

詳細情報

●所在地
〒369-131 埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸419-1
●アクセス
<車>関越道花園ICから車で約25分
<電車>秩父鉄道野上駅から徒歩20分
●電話番号
0494-66-3168
●公式HP
小さなホテルセラヴィ(ベストレート保証)|秩父で宿泊 会席料理が自慢

【埼玉県秩父】で人気の温泉宿、旅館に泊まってみませんか

埼玉県秩父市で人気の温泉宿、旅館をピックアップしてご紹介してきました。

秩父の魅力は何と言っても四季折々の表情を見せてくれる雄大な自然です。都心からのアクセスが良いので日帰りで訪れたことがある方も多いと思いますが、次回はのんびりと温泉を楽しみながら泊まってみるのはいかがでしょうか。

温泉
温泉
釣りのイメージ
温泉イメージ
ABOUT USこの記事を書いた人